ゲーミングモニター

リフレッシュレート144HzのPCモニター購入前に注意したいこと

2018年7月10日

最近では、高リフレッシュレートのモニター・ディスプレイも、手頃な価格で手に入るようになった。

特にゲーム好きな方は、120Hz以上のリフレッシュレートを使用していることも多いだろう。

高いリフレッシュレートでゲームなどプレイすると、「滑らかに動いて、とても気持ちがいい」。

まだ60Hzの方は、ぜひとも144Hzなどのリフレッシュレートでプレイしていただきたいと思う。

高リフレッシュレートでプレイするためには、対応した環境を整える必要がある。

ある友人が、ゲーム用モニターを買いにお店に行ったが、店員に高リフレッシュレートのモニターをすすめられてそのまま購入。

しかし、PCにあまりくわしいわけでもないので、その他の環境が整っておらず、リフレッシュレート60Hzのままで使用しているのだ。

これではもったいない。

残念ながら高リフレッシュレートのモニターを購入しても、設置するだけで高リフレッシュレートで遊べるというわけでもないのだ。

というわけで、今回はあくまで初心者向けとして、高リフレッシュレートで遊ぶためのポイントをかんたんに確認していこうと思う。

1.モニターの対応リフレッシュレートを確認

もちろん、モニターが高リフレッシュレートに対応していなければ、高リフレッシュレートを使用することはできない。

新しく購入するモニターや、お使いのモニターが対応しているかを確認しよう。

対応しているモニターは大きなアピールになるため、「最大144Hzのリフレッシュレートに対応!」などと大きく紹介されているのでわかりやすいだろう。

だがここでも注意点がある。

例えばだが、あるモニターの紹介を見ると、「144Hz入力対応!DVIデュアルリンクケーブルにて接続時)」と書いてある。

この()の部分の内容が非常に重要なのである。

2.接続ケーブルの対応リフレッシュレートを確認

「DVIデュアルリンクケーブルにて接続時」と書いているのであれば、その通りの接続でなければ、高リフレッシュレートの使用ができないということ。

モニターによっては、「HDMIのみ」など、さまざまな場合がある。

同じDVIでもシングルリンクとデュアルリンクがあるので、間違えないようにデュアルリンク対応のケーブルを選んで接続しよう。

ちなみにモニターによっては、同梱されているDVIケーブルがデュアルリンク対応ケーブルの場合もあるので、説明書などで確認しておきたい。

3.PCのリフレッシュレート設定を確認

高リフレッシュレートのモニターに、対応したケーブルでつないだのであれば、次はPC側の設定となる。

Windows10であればデスクトップ画面で、右クリック→「ディスプレイ設定」→「ディスプレイの詳細設定」でディスプレイの情報という場所に、現在の接続状態の詳細が表示されている。

その情報の中のリフレッシュレート(Hz)という項目が、すでに設定したいリフレッシュレート(例えば144Hzなど)で表示されているのであれば、PC側の設定はできている。

もし60Hzのままだったりした場合は、「ディスプレイのアダプターのプロパティを表示します」→「モニター」→モニターの設定から、画面のリフレッシュレートという項目で、対応したリフレッシュレートを選択することができる。

4.ゲームのリフレッシュレート設定を確認

PCの設定が終わり、高リフレッシュレートで表示されている状態でゲームをプレイすれば自動的に高リフレッシュレート動く…とは限らないので注意が必要だ。

ゲームによっては60FPSがデフォルトの設定になっている場合があるので、その場合は対応した設定に変更する必要がある。

設定方法はゲームによって違うので、各ゲームで確認してほしい。

つまりここで注意したいのが、ゲームやゲーム機が60FPSの設定しかできないのであれば、高リフレッシュレートで表示させる意味がないということだ。

高いリフレッシュレートで遊びたいゲームがある場合は、そのゲームが対応しているかを確認しておこう。

5.PCのスペックを確認

さてモニターもPCもゲームも正しく接続し、全ての設定が終わって、後はゲームを楽しむだけ!と思ってゲームを楽しんでいると、

「あれ?動きがカクカク…」なんてことになって、泣いたという話もあるので注意が必要だ。

この話の場合、高リフレッシュレートでゲームを動かすには、PCのスペックが足りていなかったのだ。

ここまできて、まさかと思うような結果である。

とくに現状のリフレッシュレートが60Hzで、そこから144Hzまで上げようとしているのであれば、PCのスペックが十分足りているかを確認しておこう。

スペックの確認については、現在ゲームで設定している以上の画質や解像度でのプレイを試してみたり、各ゲームのベンチマークスコアをひとつの目安とするのも有効だ。

6.注意点まとめ

  • 144Hzに対応したモニターを使用する
  • 144Hzに対応したゲームやゲーム機であそぶ
  • 144Hzに対応したケーブルでつなぐ
  • リフレッシュレートの設定をする
  • PCのスペックが十分であること

144Hzなどの高リフレッシュレートでゲームを快適にプレイするためには、必要に応じた環境が求められてくる。

PCにあまりくわしくない方からすれば、少々ハードルが高いように感じられたかもしれない。

しかし、高いリフレッシュレートを一度味わえば、もう60Hzには戻れないくらい、滑らかで快適にゲームを楽しめる。

十分なスペックのPCをお持ちの方であれば、ぜひとも、リフレッシュレート120Hz以上でプレイしていただきたいと思う。

関連記事
【2022年】2万円以下も!安い144Hzゲーミングモニター7選

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴25年以上。PC、ゲーム、ブログを愛しています。 ゲームは主に格ゲー、MMOをプレイ。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームで勝つためのゲーミングデバイス情報やPC生活に役立つ情報を発信しています。

-ゲーミングモニター
-