当サイトには広告が含まれます PCモニター

「24MR400-B」レビューまとめ|特徴&スペックを詳しく解説

「24MR400-Bはどんなモニター・ディスプレイ?機能やスペックについて知りたい🤔

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • 「24MR400-B」の特徴とスペック情報
  • 「24MR400-B」の基本仕様まとめ

この記事では、LG(エルジー)製「24MR400-B」の特徴や基本仕様をまとめています。

また、搭載する機能・技術の解説もしているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読めば、どんな製品かサクッと理解できます!

24MR400-Bの特徴

ポイント

  • 23.8インチのIPS系パネル
  • 1920×1080解像度
  • 1万円台の高コスパ

「24MR400-B」は、23.8インチの多目的スタンダードモニターです。解像度はフルHDで、IPSパネルを採用しており、仕事からプライベートまで、幅広くこなせます。

色域はsRGB 99%をカバーし、画像や動画を扱う作業にも対応。さらに、低解像度の映像を高精細に表示するSuper Resolution+を備え、より自然な描画を実現します。

現在価格は、1万円台後半であり、コスパに優れます。スピーカーは非搭載ですが、必要十分な機能があるので、手頃なテレワーク用モニターが欲しい人におすすめです。

24MR400-Bの主なスペック

パネルサイズ23.8インチ
パネルタイプIPS
解像度1920×1080
リフレッシュレート最大100Hz
視野角178°/178°(CR≧10)
輝度250cd/m2
コントラスト比1300:1
応答速度5ms(GTG 応答速度Faster設定時)
最大表示色約1677万色
色域sRGB 99%
HDR-
スピーカー-
サイズ540×414×200mm
重量2.34kg
接続HDMI、D-Sub 15pin
ヘッドホン出力
スタンド調整機能チルト
消費電力標準値17W

主なパッケージ内容物

  • モニター本体
  • スタンド一式
  • 電源コード(1.5m)
  • AC-DC アダプター
  • HDMIケーブル(1.5m)
  • クイックセットアップガイド
  • 保証書

24MR400-Bの基本仕様

「24MR400-B」の基本仕様をチェックしていきます。

デザイン

スタンド付きサイズは、幅540×高さ414×奥行200mm。

スタンド無しサイズは、幅540×高さ321×奥行51mm。

重量は、スタンド付きが2.75kg、スタンド無しが2.34kgとなっています。

ディスプレイ

パネル

パネルの種類は、IPS(In Plane Switching)になります。

TNやVAに比べ、発色よく色鮮やかな画質なので、苦手な用途がありません。

視野角も178°あり、角度をつけても色変化が少ないので、マルチモニターにぴったりです。

サイズ・解像度

画面の大きさは、丁度いいサイズ感の23.8インチ。

解像度は、1920×1080のフルHDをサポートします。

一般的なオフィスでよく見かける、定番のスペックなので、自宅でも職場と同じような感覚で作業を行えるでしょう。

応答速度

応答速度は、メニュー設定からFasterを選択することで、高速の5ms(GTG)まで改善できます。

応答速度が速くなるほど、動画の残像感が減り、よりクッキリとした映像に。

このため、ビデオ会議やアクション映画など、動きのあるシーンでも快適な視聴が可能です。

機能&技術

フリッカーセーフ&ブルーライト軽減モード

フリッカーセーフは、従来のLEDモニターで発生していたチラつきを抑制する技術です。

さらに、ブルーライト軽減モードで、目の負担を軽減します。

目や身体の疲れ対策になるため、パフォーマンスの維持につながり、生産性の向上に役立ちます。

OnScreen Control

OnScreen Controlは、LGモニター用の無料ソフトウェアです。

ダウンロードしてインストールすれば、画質調整や画面分割をPC上で設定することが可能に。

モニター側のボタンをポチポチ押す必要がなくなるので、利便性が高まります。

AMD FreeSyncテクノロジー

FreeSync(フリーシンク)は、主にゲーム向けの機能になります。

対応デバイスと接続すれば、画面のズレやカクツキが抑えられます。

これにより、低遅延かつ、スムーズなゲームプレイを楽しめます。

入出力端子

映像端子

映像入力は、HDMIとD-Sub 15pinアナログの2系統です。

D-Subがあると、古いノートPCとの接続も可能なので、会社の貸出用PCにも対応しやすいです。

ですが、各端子は一つずつなので、HDMI機器を複数使う人は物足りなさを感じるかもしれません。

音声端子

音声出力として、ステレオミニジャックを装備します。

HDMI接続時は、外部スピーカーやヘッドホンを接続することで、モニターから音声を再生できます。

スタンド機能

スタンド調整機能は、前後角度を5°~20°に動かせるチルトのみ。

高さを変えたり回転させたりは不可なので、自分に合う位置に固定するには、少し工夫が必要です。

とはいえ、VESAマウントに対応するので、モニターアームの取り付けはOK。

モニターアームを使用すれば、自由自在な位置調整を行えます。

価格

現在価格は、1万6000万円台~1万7000円台。

Amazon.co.jpのほか、各オンラインショップにて販売されています。

まとめ

「24MR400-B」は、IPSパネルを採用したスタンダードモデルであり、さまざまな用途に活躍することが特徴です。

スピーカーや特別な機能はないものの、価格を考えれば、コスパ面は優秀。

また23.8インチ×フルHDで、初心者から上級者まで使いやすいスペックなので、仕事や普段用の手頃なモニターを探している人はぜひ一度チェックしてみてください。

関連記事
【安い】PCモニターおすすめ10選!選び方も解説【2024年版】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴30年。PC・ゲーム・ブログを愛しています。 70000PV達成、Twitterフォロワー数1万人。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームや仕事で極上の環境を手にしたい人に向けて、ゲーミングデバイスやPCに関する情報を発信しています。

-PCモニター
-