PC・周辺機器

【Adobe CC】推奨クリエイター向けPCおすすめ紹介

2022年6月3日

「Adobe CCを始めたいけど、PCの選び方がかわからない」
「Adobe CC向けのおすすめPCを知りたい」

この記事では、そんな人に向けて、各ショップで販売されている「Adobe CC(creative cloud)」推奨PCをご紹介。

実際にAdobe CCを利用中の筆者が、動画や画像編集など用途に合わせたモデルを厳選しているので、ぜひPC選びの参考にしてみてください。

Adobe CC(creative cloud)推奨PCとは

Adobe CC推奨PCとは、「Adobe CC(creative cloud)」で、より快適な作業を行うために構成されたモデルのこと。

用途がハッキリしたPCとして制作されているので、PCのスペック表を見てもよくわからない初心者でも、安心して選べることが特長です。

Adobe CC推奨PCと普通PCとの違い

一般的な事務用PCと、Adobe CC推奨PCの主な違いは、CPU・GPU(グラフィックボード)・メモリが強化されているところ。

使用するアプリや素材で要求スペックは違いますが、スペック不足だとカクカクした動作になったり、最悪フリーズして大切なデータを失うことも。

特にグラフィックボード搭載の有無によって、グラッフィクス性能が大きく変わるので、Adobe CCで作業するなら推奨PCを強くおすすめします。

Adobe CC必要スペック

Adobe CCでは、さまざまなアプリを利用可能。その中でも、動画編集で人気のアプリ「Premiere Pro」に必要なスペックがこちら。

 必要スペック推奨スペック
CPUIntel第6世代以降のCPUまたは
AMD Ryzen 1000シリーズ以降のCPU
Quick Sync搭載のIntel第7世代以降のCPU
またはAMD Ryzen 3000シリーズ
Threadripper 2000シリーズ以降のCPU
GPU2GBのGPUメモリ対応のグラフィックカードHDおよび一部の4Kメディアの場合は4GBのGPUメモリ
4K以上の場合は6GB 以上
メモリ8GBHDメディアの場合は16GB
4K以上の場合は32GB以上
ストレージ8GB以上の空き容量のあるハードディスクアプリのインストールおよびキャッシュ用に内蔵高速SSD
メディア用に追加の高速ドライブ

最近では、ネットでも高解像度の画像や動画をよく見かけるようになったこともあり、これからPCを購入するなら推奨スペックは満たしたいところ。

ちなみに、筆者もPremiere Proで4K動画を扱いだしてから動きが悪くなったので、メモリを16GBから32GBに増設した経験あり。

動作がスムーズでないとパフォーマンス低下の原因にもなるので、生産性を上げるためにも、余裕をもったスペックでの作業がおすすめです。

Adobe CC推奨おすすめPCの選び方

ここでは、Adobe CC推奨PCを選ぶ際のポイントを、パーツ別に解説していきます。

CPUをチェック

CPUは、人間で言えば頭脳のような役割で、PCの全体的な動作に影響する重要なパーツ。

快適な作業を求めるなら「Intel Core-i7」、もしくは「AMD Ryzen 7」以上のCPUがおすすめ。

価格を重視したいのなら、上記のCPUより性能は低くなりますが、コスパの良い「Intel Core-i5」や「AMD Ryzen 5」を選びましょう。

GPU(グラフィックボード)をチェック

GPUはPCの映像を画面に表示するパーツで、Premiere ProやPhotoshopで動画像編集を行う場合は、動作に大きく影響します。

おすすめは、ミドルクラスの「GeForce RTX 3060」以上。ミドル~ハイエンドクラスのGPUを選ぶことで、サクサク作業を行えます。

メモリ容量をチェック

Premiere Proの公式推奨スペックはHD動画で16GB以上ですが、Adobe CCのアプリを複数使用してきた経験から言うと、最低でも16GB以上欲しいところ。

なかでも要求スペックが高めのAfter Effectsというアプリでは、32GBを推奨しているので、メモリ容量はできる限り32GB以上がおすすめです。

Adobe CC推奨&クリエイター向けPCおすすめ紹介

ここからは、各ショップでAdobe CCやクリエイター推奨として販売されているPCの中から、特におすすめのモデルを用途別にご紹介。

動画編集向けモデル

mouse(マウスコンピューター) DAIV Z7 [Windows11]

Core i7 12700F/GeForce RTX 3060/32GB/512GB SSD 2TB HDD

第12世代CPU「Core i7-12700F」と「GeForce RTX 3060」を搭載したパワフルなPCで、本格的な動画編集を行いたい人向けのモデルです。

メモリは大容量の32GBで、Adobe CCのさまざまなアプリに対応できますし、高画質の動画編集や書き出しでも快適に行うことが可能。

価格と性能のバランスに優れるので、これから本気でクリエイターを目指す人はもちろん、現状のPCにスペック不足を感じている人にもおすすめです。

公式サイトで見る

パソコン工房 SENSE-F0X5-LCR59X-VAX

Ryzen 9 5900X/GeForce RTX 3080/64GB/500GB SSD
icon icon

大手BTOショップ「パソコン工房」のクリエイター推奨PCで、4K動画や特殊効果の編集に向けられたハイスペックモデル。

64GBメモリとハイエンドクラスGPU「GeForce RTX 3080」を搭載しているので、高解像度メディアや高負荷のアプリをサクサク動かしたい人におすすめ。

ストレージ容量が500GBと少なめではありますが、Adobe CCを使ったクリエイティブ作業では、初心者からプロまで申し分ない性能を備えています。

公式サイトで見る

TSUKUMO(ツクモ) AA7J-C213/ZT

Core i7 12700KF/GeForce RTX3060/32GB/1TB SSD

ツクモのAdobe CC推奨、動画向けモデル。高性能な第12世代Core i7プロセッサーの搭載で、高解像度の映像編集や高精細なCG制作にも対応します。

マザーボードは、ゲーミング仕様の「ASUS製TUF GAMINGシリーズ」で、優れた耐久性と万全の冷却対策を行っていることが特長。

After EffectsとDimensionは非推奨ですが、手頃な価格で必要十分なスペックなので、Adobe CCで初めて動画・画像編集を行う人におすすめ。

公式サイトで見る

TSUKUMO(ツクモ) AA9J-D213/XT

Core i9 10900X/GeForce RTX 3080 Ti/64GB/1TB SSD

ツクモのAdobe CC推奨グラフィックスモデルで、CPUに「Core i9-10900X」、GPUに「GeForce RTX 3080 Ti」を搭載したハイエンドデスクトップ。

その圧倒的なパフォーマンスは、要求スペックの高いAfter EffectsやDimensionにも推奨で、Adobe CCだけでなくあらゆる用途に対応できます。

メインメモリも、64GBと大容量。とにかく性能にこだわって作業スピードを上げたい人や、Dimensionを扱う3Dグラフィックデザイナーにおすすめです。

公式サイトで見る

mouse(マウスコンピューター) DAIV 7N

Core i9 11900K/GeForce RTX 3080 Laptop GPU/32GB/1TB SSD

4K動画編集や、特殊効果処理も快適に行える高性能クリエイター向けノートで、ハイエンドの「GeForce RTX 3080 Laptop GPU」を搭載します。

CPUは強力な「Core i9-11900K」、メモリは32GBで、ノートPCながらAfter EffectsやPremiere Proまで推奨していることが特長。

性能の高さからバッテリー駆動時間が短くなっていますが、クリエイターノートPCとしては、最高クラスのスペックをもつプロ仕様のモデルです。

公式サイトで見る

デザイン・画像編集向けモデル

mouse(マウスコンピューター) DAIV Z3

Core i5 12400F/GeForce GTX 1650/16GB/512GB SSD 1TB HDD

CPUに優れたコスパのインテル第12世代「Core i5-12400F」を搭載したモデルで、低消費電力で動作可能なGPU、「GeForce GTX 1650」を搭載。

Adobe CCで使えるアプリの中では、Photoshopなど画像編集向けのスペックで、現在15万円台の価格なのでコストを重視したい人におすすめです。

ストレージは、512GB SSDと1TB HDDでたっぷり。高解像度の画像ファイルでも、たくさん保存できますし、複数のアプリもインストールしておけます。

公式サイトで見る

mouse(マウスコンピューター) DAIV 5N

Core i7 11800H/GeForce RTX 3060 Laptop GPU/16GB/512GB SSD

カフェや部屋のいろいろな場所で作業がしたい!そんな人向けのクリエイター向けノートPCで、持ち運びしやすい15.6型液晶を採用しています。

本体重量は約1.73kgと軽量設計で、GPUは「GeForce RTX 3060 Laptop GPU」、解像度はWQHDに対応しているのでワンランク上の作業も可能。

メモリ容量が16GBと最低限ではありますが、最大64GBまでカスタマイズできますし、場所を選ばすに作業できるという大きなメリットがあります。

公式サイトで見る

Adobe CC推奨PCおすすめ紹介:まとめ

今回紹介したPCは、各ショップのAdobe CC推奨モデルなので、これからAdobe CCを利用する人やクリエイター活動を始めたい人におすすめ。

動画編集向けは高価ですが、スペック不足は生産性が落ちる原因になるので、ぜひこの記事を参考にして快適な作業環境を手に入れてほしいと思います!

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴25年以上。PC、ゲーム、ブログを愛しています。 ゲームは主に格ゲー、MMOをプレイ。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームで勝つためのゲーミングデバイス情報やPC生活に役立つ情報を発信しています。

-PC・周辺機器