当サイトには広告が含まれます ガジェット

【aptX LL】遅延の少ないBluetoothスピーカーおすすめ7選

ワイヤレス接続のBluetoothスピーカーは、有線スピーカーよりも自由な行動ができたり、部屋をスッキリと見せたりできるのが魅力です。

一度使い始めるともう有線に戻れないくらいの便利さがありますが、その反面で、動画やスピード感のあるゲームでは遅延が気になってしまうことも。

そこでこの記事では、低遅延のBluetoothコーデック「aptx LL」に対応したBluetoothスピーカーをご紹介。

テレビやゲームも快適に楽しむことが可能なので、遅延の少ないBluetoothスピーカーを探している人は、ぜひ参考にしてみてください。

低遅延コーデック「aptX LL」とは

「aptX LL(aptX Low Latency)」とは、Low Latencyという名の通り低遅延を謳うコーデックで、遅延は40ms前後とされています。

Bluetoothの標準コーデック「SBC」は220ms前後、iPhoneの低遅延コーデック「AAC」は120ms前後なので、非常に低遅延なのがわかるかと。

音楽を聴くだけなら音の遅延はまず気になりませんが、動画のように、映像と音のズレに違和感を感じてしまうような場面に便利。

ワイヤレスの自由さを手にしながら、映像コンテンツも存分に楽しみたい、そんな人向けのBluetoothコーデックになっています。

低遅延コーデック「aptX LL」を利用するには

「aptX LL」を利用するには、Bluetoothスピーカーだけでなく、テレビのような音声や音楽を送信する機器も「aptX LL」に対応していなければなりません。

とはいえ、「aptX LL」の送信機を取り付けることで、非対応の機器でも利用が可能。なので、「え…ウチのテレビにはそんな機能ないよ」という人でもOKです。

おすすめのaptX LL対応Bluetoothスピーカー

ここからは、おすすめのaptX LL対応Bluetoothスピーカーを紹介します。

シャープ AQUOSサウンドパートナー AN-SS2

BluetoothバージョンBluetooth 5.0
本体重量約88g
対応コーデックSBC/MPEG-2 AAC/aptX/aptX LL
通信距離約10m
連続再生時間約16時間

首にかけるタイプのBluetoothスピーカーで、ヘッドホンのように耳への圧迫感が少なく、聞き疲れしにくいことが特長です。

耳の近くにスピーカーがあることで音が聞き取りやくなるため、深夜でテレビの音量を上げにくいような場面にも活躍。

Bluetooth送信機が付属しているので、Bluetoothに対応していない機器やテレビでも利用できます。

デノン Denon DSB150BT

BluetoothバージョンBluetooth 4.2
本体重量541g
対応コーデックSBC /AAC/aptX LL
通信距離非公開
連続再生時間11時間

2つの40mmフルレンジドライバーを搭載するコンパクトBluetoothスピーカーで、重低音を強化するという40×83mmの大型パッシブラジエーターを備えます。

バッテリー持続時間は11時間で、防水・防塵性能があり、アウトドアでも水や砂ぼこりを気にせずに使用することが可能。

なので、屋外で使うことが多い人や、設置するタイプのスピーカーが欲しい人におすすめ。

オーディオテクニカ AT-NSP300BT

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
BluetoothバージョンBluetooth 5.0
本体重量約75g
対応コーデックSBC/aptX/aptX LL
通信距離約10m
連続再生時間約13時間

タブレットでの学習や、オンライン授業に最適のネックスピーカー。

最大音量を制限する「ヒアリングプロテクション設計」で、音量を常に85dB以下にすることで、子どもの耳への負担を抑えます。

microSDスロットの搭載で、MP3の再生にも対応。

好きな音楽や英会話などのデータをmicroSDに保存しておけば、スピーカー単体で再生することが可能です。

パナソニック SC-MC30

BluetoothバージョンBluetooth 5.0
本体重量約155g
対応コーデックSBC/aptX/aptX LL
通信距離約10m
連続再生時間約10時間

上向きスピーカーを搭載し、広がりのある音を実現するというコンパクトBluetoothスピーカー。

人の声を強調する「快聴音」機能があり、「aptX LL」で、映像と音のズレがない高音質を楽しめます。

バッテリーでの連続再生は約10時間で、AC電源にも対応。

送信機と本体はペアリング済みなので、開封してすぐに使える仕様になっています。

アイリスオーヤマ MKH-150N

BluetoothバージョンBluetooth 5.0
本体重量約83g
対応コーデックaptX/aptX LL
通信距離8m
連続再生時間13時間(音楽再生時)

ハンズフリー通話にも対応したアイリスオーヤマのネックスピーカー。

仕事でパソコンを操作しながら通話したり、家事で動きまわりながら音を楽しんだりできます。

電池の持続時間は、音楽再生時で最大13時間。

送信機が付属するモデルもありますが、こちらは本体のみで価格が抑えられているので、すでに送信機を持っている人におすすめ。

シャープ AQUOSサウンドパートナー AN-SX7A

BluetoothバージョンBluetooth 5.0
本体重量約280g
対応コーデックSBC /AAC/aptX/aptX LL
通信距離約10m
連続再生時間約13時間30分

低音を増幅するバスレフ型構造と、パッシブラジエーター型構造を組み合わせたという、ハイブリッド型スピーカーシステムを採用しています。

低~中高音域までバランスの良いサウンドと、振動効果で、臨場感あふれる高音質を実現。

スピーカー位置を耳よりもやや前方に配置しているのが特徴で、映像と一体感のある自然なサウンドが楽しめます。

JVC NAGARAKU SP-A7WT

BluetoothバージョンBluetooth 5.0
本体重量約83g
対応コーデックSBC/aptX/aptX LL
通信距離約10m
連続再生時間約15時間

生活防水の対応で、水しぶきや雨を気にする必要がないBluetoothスピーカー。

キッチンで洗い物をしながら、あるいは屋外で散歩をしながらでも気軽に使えることが特長です。

本体からスマートフォンの音声アシスタント機能を起動できますし、接続機器のボリューム調整や一時停止も可能。

USBと、市販のUSB変換アダプターで動作するBluetooth送信機が付属します。

BluetoothスピーカーでなくてもaptX LLで接続する方法

「欲しいBluetoothスピーカーが見つからない」「今あるお気に入りのスピーカーでaptX LL接続がしたい」

そんな人には、Bluetoothトランスミッター(受信機能)がおすすめ。

アナログや光デジタルケーブルでトランスミッターと接続することで、有線スピーカーでも、Bluetoothスピーカーにすることが可能です。

1Mii B03+ Bluetoothトランスミッター

Bluetooth 5.0 トランスミッター BT-B20

まとめ

「aptX LL」対応のBluetoothスピーカーなら、ワイヤレスでも低遅延の接続が可能になります。

動画や速いゲームをより快適に楽しみたい人は、ぜひ一度、チェックしてみてはいかがでしょうか。

関連記事
FPS向けおすすめゲーミングヘッドセット20選【2024年最新】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴30年。PC・ゲーム・ブログを愛しています。 70000PV達成、Twitterフォロワー数1万人。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームや仕事で極上の環境を手にしたい人に向けて、ゲーミングデバイスやPCに関する情報を発信しています。

-ガジェット
-