当サイトには広告が含まれます PCモニター

「EX-D241SD-F」レビューまとめ|特徴&スペック解説

「EX-D241SD-Fはどんなモニター・ディスプレイ?機能やスペックについて知りたい🤔

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • 「EX-D241SD-F」の特徴とスペック情報
  • 「EX-D241SD-F」の基本仕様まとめ

この記事では、IODATA(アイ・オー・データ)製「EX-D241SD-F」の特徴や基本仕様をまとめています。

また、搭載する機能・技術の解説もしているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読めば、どんな製品かサクッと理解できます!

EX-D241SD-Fの特徴

ポイント

  • 23.8インチのADSパネル
  • 1920×1080解像度
  • 快適なフリースタイルスタンド

「EX-D241SD-F」は、23.8型のフルHD液晶です。100Hzリフレッシュレートに対応しており、一般的な60Hzモニターに比べ残像感が少なく、優れた視認性を実現します。

パネルにはADSを採用し、色彩豊かな表現が可能。さらに、映像にメリハリをつけるエンハンストカラー機能があり、写真や動画を鮮やかに映し出せることが特徴です。

現在価格は2万弱で、コスパは高めと言えるでしょう。スピーカーやフル調整スタンドなど、必要十分な機能があるため、手頃なモニターが欲しい人におすすめです。

EX-D241SD-Fの主なスペック

パネルサイズ23.8型ワイド
パネルタイプADS
解像度1920×1080
リフレッシュレート最大100Hz
視野角上下178°、左右178°
輝度300cd/m2
コントラスト比1000:1
応答速度5ms(GTG)
※オーバードライブレベル2設定時
最大表示色1677万色
色域非公開
HDR-
スピーカー搭載
サイズ約541×229×385~497mm
重量約3.0kg
接続HDMI×2、DP
ヘッドホン端子
スタンド調整機能チルト、スイベル、高さ、回転
消費電力通常使用時12.1W

主なパッケージ内容物

  • モニター本体
  • 電源コード(PSE適合品)
  • HDMIケーブル
  • 台座
  • 必ずお読みください

EX-D241SD-Fの基本仕様

引用元:https://www.iodata.jp/product/lcd/wide/ex-d241sd-f/index.htm

「EX-D241SD-F」の基本仕様をチェックしていきます。

デザイン

スタンド付きサイズは、約541×229×385~497mm。

スタンド無しサイズは、約541×47×329mm。

重量は、スタンド付きで約4.7kg、スタンド無しで約3.0kg。

3辺フレームレスデザインなので、スタイリッシュな外観であり、すっきりとした印象です。

ディスプレイ

パネル

パネル種類は、ADS(Advanced super Dimension Switch)になります。

IPSと同様の方式で、発色がよく画質に優れるため、苦手な用途がありません。

視野角も広く、どこから見ても色やコントラストがあまり変化しないので、マルチモニターにぴったりです。

サイズ・解像度

画面サイズは、少ない視線移動で全体を把握できる23.8インチ。

解像度は、1920×1080のフルHDをサポートします。

初心者から上級者まで使いやすい定番スペックなので、デスクワークや普段使いに、幅広く活用できます。

応答速度

応答速度は、オーバードライブ機能のレベル2設定時で、高速の5ms(GTG)を謳います。

応答速度が速くなるほど、映像のブレが抑えられるので、よりクッキリとした表示に。

これにより、ビデオ会議やアクション映画など、動きのあるシーンにおいても快適な視聴が可能です。

機能&技術

フリッカーレス

従来の液晶モニターは、輝度を調整するために、LEDを高速に点滅させています。

そのため、フリッカー呼ばれるチラつきが発生し、目に負担を与えると言われていました。

フリッカーレス技術は、このフリッカーを抑制するので、眼精疲労対策に貢献します。

ブルーリダクション2

ブルーリダクション2は、モニター本体がブルーライトを低減させる機能です。

以前のブルーリダクションでは、青色成分だけをカットしていたため、黄色味が強く出てしまうことも。

これに対してブルーリダクション2は、黄色味を抑えつつブルーライトを軽減するので、目を保護しながらより自然な映像を楽しめます。

省電力機能

省電力機能を利用すれば、削減したいワット数を確認して、輝度を設定できます。

どれくらい電力を削減して使うのか、数値目標を立てたい場面で役立ちます。

スタンド機能

引用元:https://www.iodata.jp/product/lcd/wide/ex-d241sd-f/index.htm

フリースタイルスタンドの採用により、チルト・スイベル・高さ・回転のフル調整に対応します。

自分好みの位置にバッチリ固定できるので、長時間でも、疲れにくい環境が手に入るでしょう。

さらに、VESAマウント付きのため、モニターアームの取り付けもOKです。

モニターアームを使用すれば、台座が必要なくなり、モニター下のスペースを有効活用できます。

入出力端子

映像端子

映像入力は、HDMI×2、およびDisplayPortの2系統が用意されています。

PCだけでなく、ゲーム機やレコーダーなど、さまざまデバイスとの接続が可能。

端子の数も多めであり、複数の機器を同時に接続しておけるので、ケーブルの抜き差しする手間を省けます。

音声端子

オーディオ端子には、φ3.5mmのステレオミニジャックを装備。

内蔵スピーカーに加え、お気に入りのヘッドホンからも、音声を再生できます。

価格

現在価格は、Amazon.co.jpで1万9000円台。

Amazon.co.jp以外にも、各オンラインショップにて、販売されています。

まとめ

「EX-D241SD-F」は、23.8インチ×フルHDの定番スペックで、仕事からプライベートまで幅広くこなすことが特徴です。

ADSパネルなので、苦手なジャンルがなく、色を扱う作業やネットサーフィンにも活躍。

2万円前後の手頃な価格ながら、ひと通りの機能がそろっているので、コスパ重視でモニターを探している人はぜひ一度チェックしてみてください。

関連記事
【安い】PCモニターおすすめ10選!選び方も解説【2024年版】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴30年。PC・ゲーム・ブログを愛しています。 70000PV達成、Twitterフォロワー数1万人。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームや仕事で極上の環境を手にしたい人に向けて、ゲーミングデバイスやPCに関する情報を発信しています。

-PCモニター
-