当サイトには広告が含まれます ゲーミングモニター

32インチの4Kゲーミングモニターおすすめ10選|144Hzあり

「32インチ4K対応のおすすめゲーミングモニターを知りたい。」
「4Kの綺麗なゲーム映像を、迫力ある大画面で楽しみたい。」

この記事ではそんな人に向けて、32インチ前後のおすすめ4Kゲーミングモニターをご紹介。

また、4Kゲーミングモニターのメリット・デメリットも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

32インチ4Kゲーミングモニターのメリット・デメリット

はじめに、32インチ4Kゲーミングモニターのメリット・デメリットを解説します。

メリット

  • ゲームも動画も迫力満点、4K映像を大画面で味わえる
  • 4Kでも文字が読みやすく、仕事もバリバリこなせる

4K映像はフルHDに比べ非常に高精細なので、32インチの大画面でも綺麗に表示され、大迫力のゲームや動画を楽しめます。

また4Kには、文字が小さくなって読みづらいというデメリットもありますが、32インチならより大きく表示できることが特徴。

これにより、複数のアプリやウィンドウを並べても一つ一つの情報を確認しやすくなるため、仕事から普段使いまでマルチに活用できます。

デメリット

  • 広い設置スペースが必要になる
  • スピード重視のゲームでは不利になることも

32インチは、24~27インチサイズに比べ、より広い設置スペースが必要になります。

さらに、画面全体を常に把握しようとすると、視線移動が大きくなって大変。

特にFPSのような速いゲームでは反応が遅れる原因にもなるので、スピードを追求するよりも、ゲームの世界観をじっくり楽しみたい人向けと言えるでしょう。

32インチのおすすめ4Kゲーミングモニター

32インチ前後のおすすめ4Kゲーミングモニターを紹介します。

PS5やXbox Series X|Sでプレイするなら、HDMI2.1搭載の144Hzリフレッシュレート対応。PS4 proなら、60Hzリフレッシュレートのモデルがおすすめです。

ASUS ROG Swift PG32UQ

144Hzリフレッシュレートを備えた4Kモニターで、HDMI 2.1を搭載しており、PS5やXbox Series Xでの4K/120Hzゲームに対応します。

量子ドット技術の採用でDCI-P3 98%の広色域を実現し、DisplayHDR 600をサポートするため、映画のような美しい映像表現が特徴。

6つの可変オーバードライブモードによって、画面のブレを抑えられることから、非常に滑らかなゲームプレイが可能です。

BenQ MOBIUZ EX3210U

BenQ独自の「HDRi技術」および「treVoloスピーカー」を搭載。これにより、これまでにない没入感が得られ、究極のゲーム体験を謳います。

リフレッシュレートは144Hz、応答速度は高速の1msを実現。さらに、画面には量子ドット技術を採用し、よりリアルで鮮やかな映像を映し出します。

付属のスタンドは、高さ・上下角度・左右角度調整に対応。ゲームを最大限に楽しむために、性能面だけでなく、機能性や快適性にも優れることが特徴です。

MSI Optix MPG321UR-QD

量子ドット技術を採用したIPS液晶で、DCI-P3 97%の広色域を実現。応答速度は1ms、リフレッシュレートは最大144Hzをサポートします。

HDMI 2.1を2ポート装備するほか、DisplayPort・USB Type-C・USB-A・ヘッドホン出力・マイク入力があり、入出力端子が非常に豊富。

また「KVMスイッチ機能」を搭載するため、4台のPC間でマウスやキーボードなど、USBデバイスを共有することが可能です。

GIGABYTE M32U

31.5インチ「Super Speed IPSパネル」を搭載したゲーミングディスプレイ。優れた色の再現力と、1ms応答速度によるクリアな画質を実現します。

入力端子にはDisplayportとUSB Type-Cに加え、2つのHDMI2.1を装備。

PS5やXbox Series Xでの4K/120Hz接続に対応しており、PCはもちろん、次世代ゲーム機で滑らかな4Kゲームをプレイしたい人におすすめです。

Acer XB323QKNVbmiiphuzx

144Hzリフレッシュレートをサポートし、0.5msの高速応答速度により、極めて鮮明でスムーズな映像を実現します。

HDMI 2.1の搭載で次世代ゲーム機の120Hz接続にも対応。ゲームのポテンシャルを存分に引き出し、圧倒的な速度と優れた色彩を謳います。

暗い部屋では光量を抑えて、明るい環境では明るく表示するという独自機能を搭載。どんな時間や環境であっても、最適な光と色を維持できる設計です。

GIGABYTE AORUS FI32U

パネルは31.5インチの「Super Speed IPS」。144Hzリフレッシュレートと1ms応答速度を備え、鮮やかな色と驚異的なスピードを実現します。

スピーカーは非搭載であるものの、ハイエンドの「ESS SABREチップ」内蔵オーディオシステムを装備。

より自然でパワフルなサウンドを再生することから、深みのある音楽と没入感のあるゲームを楽しめます。

JAPANNEXT JN-315IPS144UHDR

PS5での120Hz接続に対応したゲーミングモニター。31.5型のIPSパネルを採用し、DCI-P3 90%の色域とHDR400をサポートしています。

入力端子に、HDMIとDisplayportがそれぞれ2ポート用意されているため、複数の機器を同時に接続しておけるところが便利。

ただし、HDMI 2は4Kだと60Hzリフレッシュレートまでの対応になっているので、PS4 proや60Hzゲーム機で利用するのがおすすめです。

Optix MAG321CURVJP

湾曲率1500Rの曲面ゲーミングモニター。31.5インチのVAパネルで、リフレッシュレートは、60Hzまでをサポートします。

画面のカーブによってゲームや動画への没入感が高まることに加え、画面端が視界に入り込むため、視線を変えなくても端まで見やすいことが特徴。

このため、FPSなどに常に画面全体を確認しなければならず、より素早い反応が求められるゲームで優位に立てます。

BenQ EW3280U

created by Rinker
ベンキュージャパン

ゲームに最適なHDR効果を得られる「Game HDRi」のほか、独自の「HDRi技術」、2.1ch「treVolo スピーカー」を搭載します。

最大リフレッシュレートは60Hzで、60W給電のUSB-Cや目に優しい「アイケア技術」備え、便利なリモコンが付属。

画質・音質・快適性にこだわった全部入りなのが魅力で、ゲームや動画、仕事まで幅広く活用できることが特徴です。

LG 32EP950-B

有機ELパネルを採用した高級4Kモニターで、DCI-P3 99%の超広色域に加え、1ms応答速度と60Hzリフレッシュレートを備えます。

映画や映像製作の専門家向けとした正確な色彩を再現するほか、コントラスト比100万:1を実現し、映像の細部の明暗まで正確に表現することが可能。

入力端子は、HDMI・Displayport・90W給電対応のUSB Type-Cを搭載。映像の滑らかさよりも、よりリアルで正確な映像を楽しみたい人におすすめです。

【4K/32インチ】おすすめゲーミングモニター:まとめ

32インチの4Kゲーミングモニターは、より美しく大迫力の映像を味わえることが特徴です。

さらに、高リフレッシュレート対応のモデルなら、滑らかなゲーミングも可能。

仕事や普段使いの効率も大幅にアップできるので、興味のある方はぜひ一度チェックしてみてください。

関連記事
おすすめの人気ゲーミングモニター31選&選び方【2024年最新】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴30年。PC・ゲーム・ブログを愛しています。 70000PV達成、Twitterフォロワー数1万人。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームや仕事で極上の環境を手にしたい人に向けて、ゲーミングデバイスやPCに関する情報を発信しています。

-ゲーミングモニター
-