当サイトには広告が含まれます ゲーミングモニター

格ゲーにおすすめのゲーミングモニター15選【2024年最新版】

「格闘ゲームにおすすめのゲーミングモニターを知りたい。」

このような悩みに答えます。

この記事でわかること

  • 格ゲーにおすすめゲーミングモニターの選び方
  • 格ゲーにおすすめゲーミングモニター15選

現代において、格ゲーをプレイするなら必須ともされるゲーミングモニター。

いざ購入しようとすると、たくさんの種類があって、選びきれないという人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、格闘ゲームにおすすめのゲーミングモニターをご紹介。選び方のポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

格ゲーにおすすめゲーミングモニターの選び方

画面サイズをチェック

まずは画面サイズについて説明します。結論から言えば、画面サイズは24インチ前後がおすすめ。

理由は、少ない視線移動でゲーム画面全体を見れるからです。

格ゲープレイヤーは上達するほど、自分と相手の体力・必殺技ゲージ・残り時間などを頻繁に確認します。

なので、視線の移動が増えることは、反応が遅れてしまう要因になりかねません。

よって、勝利を最優先に考えるなら24インチ前後、大きくても27インチまでがプレイしやすいサイズと言えます。

リフレッシュレートをチェック

より素早く、正確な対応が求められる格ゲーでは、リフレッシュレートの選択も重要です。

リフレッシュレートが高いほど、ヒット確認がしやすくなるなど、対戦を有利に展開できます。

ただし、リフレッシュレートを上げるとPCの負荷が増加することには注意。特に、240Hz以上のリフレッシュレートで快適にプレイするためには、ゲーム向けの高性能なPCが必要です。

ちなみに、格ゲーで高速リフレッシュレートの効果が本当にあるの?という人にはPC Watchさんの下記記事がおすすめ。

プロ格闘ゲーマーのマゴ選手が、240Hzモニターの効果を検証されています。

PC Watch:240Hzはなぜ効くのか!?ゲーマーのための高リフレッシュレートディスプレイ入門

パネル種類をチェック

現在のゲーミングモニターに使用される主流パネルは、TN・VA・IPSの3種類。

格ゲーはとにかくスピードが重要なので、3種類の中でも特に高速なTNパネルがおすすめです。

ただし、TNは速さに優れますが、VAやIPSに比べ色の再現性はよくありません。なので、画質にもこだわりたい、より鮮やかな動画を楽しみたいという場合はVAやIPSを選ぶとよいです。

また応答速度も大切で、速いほど優位に立てます。とはいえ、最近のモデルはほぼ高速な応答速度なので、そこまで気にする必要はないでしょう。

応答速度については下記の記事をどうぞ。

関連記事
応答速度が速い・遅いモニターの違い、ゲーミングに有利な理由とは

続きを見る

格ゲーにおすすめゲーミングモニター15選

上記の説明をふまえて、格ゲーにおすすめのゲーミングモニターを紹介します。

【24.5インチ】BenQ ZOWIE XL2546K

画面サイズ24.5インチ
パネル種類TN
解像度1920×1080
リフレッシュレート240Hz

格ゲーやFPSなど、速いゲームで勝つことが最優先なら、現状で上位クラスのモニターです。

残像軽減機能のDyAc+や240Hzリフレッシュレートを装備。

これを買っておけばまず間違いない、と言えるくらいの高い性能です。

【24インチ】BenQ ZOWIE XL2411K

画面サイズ24インチ
パネル種類TN
解像度1920×1080
リフレッシュレート144Hz

上記のXL2546Kは高すぎる!そんな人にはこちらの144Hzモデルがおすすめ。

3万円前後の手頃な価格なので、初心者から上級者まで対応できます。

また、PS5の120Hz接続もサポートしています。

【23.8インチ】IODATA GigaCrysta EX-LDGC243HDB

画面サイズ23.8インチ
パネル種類ADS
解像度1920×1080
リフレッシュレート165Hz

応答速度1msを実現するADSパネルの採用で、速さと美しさを両立していることが特徴です。

現在の価格は2万円台半ば。

スピーカーも搭載しており、コスパの高いゲーミングモニターです。

【24.5インチ】BenQ MOBIUZ EX2510S

画面サイズ24.5インチ
パネル種類IPS
解像度1920×1080
リフレッシュレート165Hz

独自のHDRi技術で優れた色彩を表現。

さらに、treVoloスピーカーの迫力あるサウンドで、臨場感あふれるゲームや動画を楽しめます。

機能・画質・音質にこだわるゲーマーにおすすめです。

【23.8インチ】Dell G2422HS

画面サイズ23.8インチ
パネル種類IPS
解像度1920×1080
リフレッシュレート165Hz

1ms応答速度と165Hzを備えたIPSパネルで、格ゲーはもちろん、幅広いジャンルのゲームにおすすめ

スタンドは、チルトと100mmの高さ調整が可能で、長時間でも快適にプレイできます。

【24.5インチ】BenQ ZOWIE XL2566K

画面サイズ24.5インチ
パネル種類TN
解像度1920×1080
リフレッシュレート360Hz

ZOWIEシリーズの360Hz対応モデルで、現状では最高クラスのスペックを誇ります。

360Hzモニターの多くがIPSパネルを採用しているなか、XL2566KはTNパネルを選択し、とにかくスピードを追求していることが特徴。

高価なところがネックですが、何よりも勝つことが優先であり、性能に妥協したくない人におすすめです。

【24.5インチ】ASUS TUF Gaming VG259QM

画面サイズ24.5型ワイド
パネル種類IPS
解像度1920×1080
リフレッシュレート280Hz

オーバークロック時で、最大280Hz表示に対応します。

2Wスピーカーを内蔵し、現時点では3万円台で購入可能。

360Hzモニターがまだまだ高価なことを考えれば、コスパは高めと言えるでしょう。

【24.5インチ】Acer Nitro VG252QZbmiipx

画面サイズ24.5型ワイド
パネル種類IPS
解像度1920×1080
リフレッシュレート280Hz

最大280Hzリフレッシュレート&0.5ms応答速度で、格ゲーを存分にプレイできる性能を備えます。

パネルはIPSで、2Wスピーカーを搭載。

Acer Display Widgetという、アプリをダウンロードしてインストールすれば、PC上から画質調整や画面分割を簡単に行えます。

【24.5インチ】ASUS ROG Strix XG259QN

画面サイズ24.5インチ
パネル種類Fast IPS
解像度1920×1080
リフレッシュレート380Hz

最大リフレッシュレートが、380Hzの超高速ゲーミングモニター。

Extreme Low Motion Blur技術により、最小の応答速度は0.3msを実現します。

圧巻のスペックですが、性能を最大まで引き出すには、かなり高性能なPCが必要です。

【27インチ】ASUS VG278QR-J

画面サイズ27インチ
パネル種類TN
解像度1920×1080
リフレッシュレート165Hz

27インチの大きな画面で、迫力ある映像を楽しめます。

最大165Hzリフレッシュレート対応で、応答速度は0.5ms。

3万円ちょっとで、高さ調整機能とスピーカー付きなので、TNパネルOKならコスパは抜群です。

【27インチ】JAPANNEXT JN-VG27FHD165

created by Rinker
ジャパンネクスト(Japannext)
画面サイズ27インチ
パネル種類VA系
解像度1920×1080
リフレッシュレート165Hz

27インチ・VA系・165Hz対応で、2万円台前半という破格の安さ。

スピーカーは非搭載ですが、機能は必要十分なので、手頃なゲーミングモニターを探している人におすすめです。

【27インチ】iiyama G-MASTER GB2770HSU-B1

created by Rinker
マウスコンピューター(Mouse Computer)
画面サイズ27インチ
パネル種類FAST IPS
解像度1920×1080
リフレッシュレート165Hz

高速パネルFAST IPSにより、応答速度は0.8msを実現します。

スタンドはチルト・高さ調整・回転対応で、思いどおりの調整が可能。

ゲームから普段使いまで、幅広い用途に活用できます。

【27インチ】BenQ ZOWIE XL2746K

画面サイズ27インチ
パネル種類TN
解像度1920×1080
リフレッシュレート240Hz

eスポーツ向けZOWIEシリーズの27インチモデル。

DyAc+と240Hz対応で、相手キャラの動きを鮮明に表示します。

また、アイシールドがあるので、画面により集中できることもポイントです。

【27インチ】LG UltraGear 27GP750-B

画面サイズ27インチ
パネル種類IPS
解像度1920×1080
リフレッシュレート240Hz

240Hz対応のIPSパネルで、スムーズかつ鮮明な映像を楽しめます。

また映像処理を高速化するDASモードを搭載。

より素早い操作が可能なので、格ゲーやFPSなど速いゲームに活躍します。

【27インチ】JAPANNEXT JN-I27FR240

created by Rinker
ジャパンネクスト(Japannext)
画面サイズ27インチ
パネル種類IPS系
解像度1920×1080
リフレッシュレート240Hz

240Hzリフレッシュレート対応で、2万円台のコスパモデルです。

パネルはIPS系で、スピーカーも搭載。

HDMI2端子が144Hzまでなことには注意ですが、手頃な価格で240Hz環境が手に入ります。

まとめ

格ゲー用のゲーミングモニターを選ぶ際は、画面サイズ・リフレッシュレート・パネル種類に注目してみましょう。

性能や画質、コストのどれを優先するかで最適なモデルは変わるため、ぜひこの記事を参考にして自分に合ったゲーミングモニターを見つけてみてください。

関連記事
おすすめの人気ゲーミングモニター31選&選び方【2024年最新】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴30年。PC・ゲーム・ブログを愛しています。 70000PV達成、Twitterフォロワー数1万人。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームや仕事で極上の環境を手にしたい人に向けて、ゲーミングデバイスやPCに関する情報を発信しています。

-ゲーミングモニター
-