当サイトには広告が含まれます ゲーミングモニター

次世代の映像美「MEG 342C QD-OLED」レビューまとめ

「MEG 342C QD-OLED はどんなゲーミングモニター?機能やスペックについて知りたい。」

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • 「MEG 342C QD-OLED」の特徴とスペック情報
  • 「MEG 342C QD-OLED」の基本仕様まとめ

この記事では、MSI(エムエスアイ)製「MEG 342C QD-OLED」の特徴や基本仕様をまとめています。

また、搭載する機能・技術の解説もしているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読めば、どんな製品かサクッと理解できます!

MEG 342C QD-OLEDの特徴

ポイント

  • 34.18インチ・UWQHD
  • 175Hzリフレッシュレート
  • 応答速度0.1msのQD-OLEDパネル

「MEG 342C QD-OLED」は、34.18インチ、1800Rの湾曲ウルトラワイドゲーミングモニター。パネルには、有機EL+量子ドット技術を採用しており、DCI-P3 99.3%の超広色域を誇ります。

応答速度は0.1ms、最大リフレッシュレートは175Hz。同期技術のFreeSync Premium Pro認証を取得しているほか、有機EL向け規格のDisplayHDR True Black 400をサポートしています。

工場出荷時には、キャリブレーションを実施し、Delta E≦2の優れた色精度を実現。液晶パネルを凌駕する次世代の映像美が特徴であり、迫力満点の画質を楽しみたい人におすすめです。

MEG 342C QD-OLEDの基本仕様

引用元:https://jp.msi.com/Monitor/MEG-342C-QD-OLED

「MEG 342C QD-OLED」の基本仕様をチェックしていきます。

MEG 342C QD-OLEDの主なスペック

パネルサイズ34.18インチ
パネルタイプQD-OLED/1800R
解像度3440×1440
リフレッシュレート最大175Hz
視野角178°(H)/178°(V)
輝度250(ピーク時:1000)
コントラスト比1000000:1
応答速度0.1ms
最大表示色約10億7300万色
色域DCI-P3 99.3%、sRGB 100%
HDRDisplayHDR True Black 400
スピーカー-
サイズ814×293×463mm
本体重量約9.3kg
接続HDMI×2、DP、USB Type-C、USB
ヘッドホン出力、マイク入力
オーディオコンボジャック
消費電力使用時50W

主なパッケージ内容物

内容物

  • モニター本体
  • スタンド一式
  • DisplayPortケーブル
  • HDMIケーブル
  • USB Type-C-Type-Cケーブル
  • USB Type-A-Type-Bケーブル
  • オーディオコンボケーブル
  • 電源ケーブル
  • マウスバンジー
  • VESAマウント用スペーサーネジ×4
  • クイックスタートガイド

デザイン

本体サイズは814×293×463mm、重量は約9.3kgです。

背面には、マクロキー&5-WAYナビゲータースティックを装備。

パネル下には、専用のRGBライトが搭載されており、モニター周りを鮮やかに彩ります。

ゲーミング性能

最大175Hzリフレッシュレートで滑らかに表示できるほか、有機ELがもたらす驚異の0.1ms応答速度により、スピード感あるゲームで優位に立てることが特徴。

またFreeSync Premium Proサポートによって、映像のズレやカクツキを軽減することができ、よりスムーズなゲームプレイが可能です。

ディスプレイ

引用元:https://www.rtings.com/

パネル

パネルは、有機ELと量子ドットを組み合わせたQD-OLED。

抜群の色表現力を持ち、100万:1という圧倒的なコントラスト比によって、液晶では味わえない息を吞むような映像体験が可能です。

MSI OLED Care機能を搭載しており、有機EL特有の焼き付きリスクを軽減。また、本体に内蔵されたセンサーが周囲の明るさを感知し、あらゆる場面でも最適な明るさに自動調整されます。

サイズは34.18インチで、解像度は3440×1440のUWQHD。

さらに、湾曲率1800R、アスペクト比21:9のウルトラワイド画面によって、比類のない極上のゲーミング環境を生み出せます。

色域・HDR

量子ドット技術の採用で、色域は圧巻のDCI-P3 99.3%・sRGB 100%・AdobeRGB 97.8%を実現。

色の再現性が非常に高いので、優れた没入感を得られることはもちろん、正確な色を求められるクリエイティブ作業にも活用できます。

さらに、有機EL向けのHDR規格である、DisplayHDR True Black 400に対応。

映画やゲームなどのHDRコンテンツでは、臨場感あふれる映像を映し出せます。

スタンド機能

引用元:https://jp.msi.com/Monitor/MEG-342C-QD-OLED

スタンド機能は、上下角度を-5°~20°に動かせるチルト、および100mmの高さ調整に対応。

自分に合った画面位置に固定しやすいので、長時間でも快適なプレイ環境を手にできます。

VESAマウントは、100×100mm規格を装備。モニターアームを取り付ければ、さらに自由自在な位置調整を行えます。

入出力端子

映像入力は、HDMI×2・DisplayPort・USB Type-Cで充実。

PCや複数の家庭用ゲーム機を同時に接続しておけるだけでなく、豊富な接続方法で、さまざまなシーンやより多くのデバイスで利用することができます。

また便利なUSBハブのほか、ヘッドホン出力やマイク入力も装備。

なお、USB Type-Cは65W給電のPDに対応しており、ノートPCを充電しながらケーブル1本で使用することが可能です。

まとめ

「MEG 342C QD-OLED」は、有機EL+量子ドット+湾曲ウルトラワイドを組み合わせたハイスペックなゲーミングモニターです。

最新技術がふんだんに使用されており、液晶パネルでは再現できない、圧倒的な映像表現が特徴。

高価な部分がどうしてもネックですが、性能・機能ともに強烈なので、画質にとことんこだわりたいゲーマーやクリエイターはぜひ一度チェックしてみてください。

関連記事
おすすめの人気ゲーミングモニター31選&選び方【2024年最新】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴30年。PC・ゲーム・ブログを愛しています。 70000PV達成、Twitterフォロワー数1万人。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームや仕事で極上の環境を手にしたい人に向けて、ゲーミングデバイスやPCに関する情報を発信しています。

-ゲーミングモニター
-