ガジェット 周辺機器

【スピーカーなし】ゲーミングモニターと使いたいサウンドバー10選

2022年5月31日

「スピーカーのないゲーミングモニターと使いやすい、おすすめのサウンドバーを知りたい」
「内蔵スピーカーの音質じゃ物足りない、もっと高音質で迫力あるゲームを楽しみたい」

この記事では、そんな人向けのおすすめサウンドバーをご紹介。

ゲーミングモニターの前に設置しやすい、コンパクトサイズを厳選しているので、ぜひサウンドバー選びの参考にしていただきたい。

サウンドバーとは

サウンドバーとは、シアターバーとも呼ばれるバータイプのスピーカーこと。

テレビやモニターの前に設置してサウンドを強化することが主な目的で、立体音響に対応した製品なら、臨場感あふれる音を楽しめることが特長だ。

サウンドバーのメリット・デメリット

サウンドバーのメリット

サウンドバーのメリットは、とにかく設置が簡単なところで、PCやゲーム機と接続してモニターの下に置くだけ。

ホームシアターように複数のスピーカーを設置する必要がないため、ケーブルも少なく、見た目もスタイリッシュでスッキリと見せることが可能だ。

サウンドバーのデメリット

迫力あるサウンドを再生するサウンドバーでも、実際に複数のスピーカーがある環境に比べるとさすがに音質は劣るし、低音に物足りなさを感じることも。

とはいえ、周囲への音もれが気になる人にとっては、低音の弱さが必ずしもデメリットでないとも言える。

サウンドバーの選び方

サイズで選ぶ

サウンドバーの種類は豊富で、さまざま幅や高さの製品が販売されている。

スペースに対して大きすぎるサイズは、見た目も悪くなるので注意。この記事では、モニターの前に置きやすいコンパクトサイズを中心に紹介している。

接続方式で選ぶ

サウンドバーの接続方法は、大きく分けると有線と無線(ワイヤレス)の2種類で、ゲーム用なら有線接続がおすすめ。

スマホやタブレットにも活用したいなら、Bluetooth接続が便利で、サウンドバーから離れていても手軽に音質を高められる。

立体音響・高音質技術で選ぶ

「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」やバーチャルサラウンドに対応していると、より臨場感あるサウンドを楽しめる。

また、音質を重視したい人は、音の劣化を防いでよりクリアなサウンドを再生できる「4Kパススルー機能」を搭載したモデルがおすすめだ。

おすすめ小型サウンドバー(有線・無線接続)

ゲーミングモニターの前や下に設置しやすい、コンパクトサイズのサウンドバーをご紹介。

パナソニック SC-HTB01

「Dolby Atmos」やハイレゾに対応したサウンドバーで、3次元の立体音響技術により、音に包み込まれるようなリアルサウンドを楽しめることが特長。

足音を聞き取りやすくし、正確な定位感が得られるというFPSに最適なモードなど、ゲームジャンルに合わせて選べる3つのサウンドが用意されている。

本体サイズ約430×52×130mm
Bluetooth
主な対応機能Dolby Atmos、DTS:X、DTS Virtual:X、4Kパススルー

RAZER LEVIATHAN V2

「RAZER」の専用サブウーファー付きサウンドバーで、60msの低遅延Bluetooth接続により、ワイヤレスでもスムーズなゲームプレイを実現する。

Windows10 64bitでは、高度な7.1サラウンドサウンドとした「THX Spatial Audio」に対応。高精度の立体音響で、優れた没入感を得られるとしている。

本体サイズ約430×52×130mm
Bluetooth
主な対応機能THX Spatial Audio

ソニー HT-S200F

幅は約58cmで、手軽に置きやすいサイズのサウンドバー。サブウーファーを内蔵しているので、コンパクトながらパワフルな低音を実現するという。

アンプには、小型で電力効率に優れるという独自の「S-Master」を搭載。原音に忠実な再生し、迫力あるサウンドを楽しめるとしている。

本体サイズ580×64×95mm
Bluetooth
主な対応機能Dolby Digital

パナソニック SC-HTB250

本体は幅45cmと邪魔になりにくい小型サイズで、Bluetoothでつながるワイヤレスサブウーハーを備えるため、重低音を重視したい人にもおすすめ。

3つのサウンドモード(スタンダード/ミュージック/シネマ)を装備し、スマホやタブレットとはBluetooth接続が可能で、手軽にサウンドを強化できる。

本体サイズ450×51×135mm
Bluetooth
主な対応機能DolbyDigital、DTS

ヤマハ SR-C20A

ヤマハのコンパクトサウンドバーで、迫力ある爆発音や、背後の静かな足音まであらゆる音を感じ取れるという「GAMEモード」を搭載する。

画面の下に本体を設置すれば、映画館のような豊かさをうたう臨場感を実現。アプリを利用し、スマホで音量調整など基本的な操作が可能だ。

本体サイズ600×64×94mm
Bluetooth
主な対応機能DolbyDigital

ソノス Beam Gen 2 BEAM2JP1

「Dolby Atmos」対応のサウンドバーで、空間に3D効果が加わることにより、飛行機が映れば頭上を飛んでいるかのように感じ取れるという。

小型設計ながら、バーチャルサラウンドサウンドを装備。インテリアに自然に溶け込むという、エレガントなデザインが特長となっている。

本体サイズ651×69×100mm
Bluetooth×
主な対応機能Dolby Atmos、AirPlay 2

パナソニック SC-HTB200

音声の最大出力は80W、幅は45cmというコンパクトなサウンドバー。モニターの下や前に置いても画面が見やすく、邪魔になりにくい設計としている。

光デジタル音声入力を装備するほか、Bluetoothでスマホとの連携も可能。端末を手元に置いてまま、手軽により良い音質で音楽も楽しめる。

本体サイズ450×51×135mm
Bluetooth
主な対応機能DolbyDigital、DTS

おすすめサウンドバー(幅80cm以上)

DENON DHT-S216

2基のサブウーハーにより、迫力の重低音を再生するとしたサウンドバーで、あらゆる方向から音が聞こえるという「DTS Virtual:X」をサポートする。

場面に合わせて最適な音質を選べるという、3つのサウンドモードを搭載。新たに追加された「Pureモード」では、原音に近づけた音の再生が可能だ。

本体サイズ890×66×120mm
Bluetooth
主な対応機能DolbyDigital、DTS Virtual:X、4Kパススルー

ソニー HT-S100F

幅は約90cmあるものの、約6.4cmの高さと約8.8cmの奥行きで、モニターの手前にも置きやすいスリムなサウンドバーとなっている。

人の声がクリアに聞こえる「ボイスモード」のほか、深夜に便利な「ナイトモード」を搭載。小音量であっても、聞き取りやすい音を再生するとしている。

本体サイズ900×64×88mm
Bluetooth
主な対応機能DolbyDigital

ヤマハ YAS-109B

バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応したサウンドバーで、前方・左右・後方に加え、高さも再現する3Dサラウンドモードを備える。

Bluetooth接続に対応し、独自の技術「ミュージック・エンハンサー」を搭載。スマホなどからの圧縮音源を、より高音質で再生することが可能だ。

本体サイズ890×53×131mm
Bluetooth
主な対応機能DolbyDigital、DTS Virtual:X

おすすめサウンドバー:まとめ

今回紹介したサウンドバーは、ゲーミングモニターの手前や下に設置しやすいコンパクトモデルで、手軽に臨場感あるサウンドを楽しめることが特長だ。

興味のある方はぜひ一度、チェックしてみてはいかがだろうか。

関連記事
【2022年最新】おすすめの人気ゲーミングモニター31選&選び方

続きを見る

【Amazon】でお得に買い物をする方法!

チャージタイプのAmazonギフト券なら、5000円以上の現金チャージをするたびに最大2.5%のポイントが貯まるのでおすすめ!

支払いは、コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが可能。ポイント率は、チャージ金額や通常・プライム会員によって変わるので活用しよう!

1回のチャージ金額通常会員プライム会員
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

Amazonギフト券「チャージタイプ」を見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴25年以上。PC、ゲーム、ブログを愛しています。 ゲームは主に格ゲー、MMOをプレイ。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームで勝つためのゲーミングデバイス情報やPC生活に役立つ情報を発信しています。

-ガジェット, 周辺機器
-