当サイトには広告が含まれます PCモニター

「GW3290QT」レビューまとめ|特徴&スペックを詳しく解説

「GW3290QTはどんなモニター・ディスプレイ?機能やスペックについて知りたい🤔

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • 「GW3290QT」の特徴とスペック情報
  • 「GW3290QT」の基本仕様まとめ

この記事では、BenQ(ベンキュー)製「GW3290QT」の特徴や基本仕様をまとめています。

また、搭載する機能・技術の解説もしているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読めば、どんな製品かサクッと理解できます!

GW3290QTの特徴

created by Rinker
ベンキュージャパン

ポイント

  • 31.5インチのIPSパネル
  • 2560×1440解像度
  • 仕事でもプライベートでも活躍

「GW3290QT」は、31.5インチのデスクワーク向けモニターです。解像度はWQHDで、USB Type-Cを搭載し、さまざまなビジネスシーンで優れた生産性を確保します。

スタンドは、エルゴノミクスデザインで、フル調整に対応。また、アイケア技術の自動輝度調整やブルーライト軽減機能を備えており、長時間の快適な視聴が可能です。

パネルがIPSのため、苦手な用途がなく、色鮮やかな映像を楽しめます。仕事はもちろん、普段使いにおいても、ワンランク上の環境を実現する1台と言えるでしょう。

GW3290QTの主なスペック

パネルサイズ31.5インチ
パネルタイプIPS
解像度2560×1440
リフレッシュレート75Hz
視野角178°/178°
輝度350cd/㎡
コントラスト比1000:1
応答速度5ms
最大表示色10.7億色
色域sRGB 99%
HDR-
スピーカー2W×2
サイズ488.1~597.7×714.6×251.5mm
重量約7.2kg
接続HDMI、DP、DP出力、USB Type-C
USB、ヘッドフォンジャック
スタンド調整機能チルト、スイベル
高さ、回転
消費電力標準25W

主なパッケージ内容物

  • モニター本体
  • スタンド一式
  • 電源ケーブル
  • USB-Cケーブル
  • HDMI 1.4ケーブル
  • クイックスタートガイド
  • Safety Instruction
  • 保証書

GW3290QTの基本仕様

「GW3290QT」の基本仕様をチェックしていきます。

デザイン

スタンド付きの場合、サイズは488.1~597.7×714.6×251.5mm、重さは約10.1kg。

スタンド無しの場合、サイズは428.7×714.6×62.6mm、重さは約7.2kg。

フレーム幅の薄い、スリムベゼルデザインなので、大画面ながらすっきりとした印象です。

ディスプレイ

パネル

パネルには、IPS(In Plane Switching)方式が採用されています。

発色がよく、色彩豊かなので、画質を求める場面にぴったり。

さらに視野角が178°あり、斜めから見ても色変化が少ないため、マルチモニターに適しています。

サイズ・解像度

画面サイズは31.5インチで、解像度はWQHD。

フルHDに比べ、約1.8倍の表示領域を誇るので、一度に多くの情報を並べて効率よく作業を行えます。

フルHDより高性能で、4Kよりは負荷が小さい、つまり性能と負荷のバランスに優れることが特徴です。

色域

色域はsRGB 99%で、最近のPCモニターとしては標準レベルになります。

色の再現性はまずまずなので、一般的なデスクワークなら、作業内容を選びません。

資料作成やグラフ表示など、色を扱う作業もバリバリこなせます。

created by Rinker
ベンキュージャパン

機能&技術

USB Type-Cで65W給電

USB Type-C接続では、65Wの電力供給が可能です。

これにより、ノートPCの充電・モニター出力・データ転送をケーブル1本で行えるので、デスクスペースが広がります。

ただし、接続機器がUSB Power Deliveryに対応している必要があるので、注意しましょう。

デイジーチェーン接続

デイジーチェーン接続を利用すれば、マルチモニター環境の構築もカンタン。

デイジーチェーンは、DP出力を使って、モニターとモニターを数珠つなぎのように接続する機能です。

PCと各モニターをそれぞれ接続しなくてもよいので、ケーブルの本数を減らせます。

アイケア技術

アイケア技術の採用により、B.I.機能+フリッカーフリー+ブルーライト軽減プラスで目を保護します。

B.I.(ブライトネスインテリジェンス)は、周囲の明るさを検知して、輝度を自動調整する機能。

これにより、日中でも夜間でも最適な画面の明るさになるので、目の負担を抑えられます。

入出力端子

映像端子

映像入力は、HDMI・DisplayPort・USB Type-Cの3系統です。

接続方法が豊富に用意されているので、さまざまなデバイスに対応できます。

ただし各端子は一つずつのため、HDMI機器を複数使う人は、少し物足りなさを感じるかもしれません。

音声端子

音声端子には、ヘッドホン出力を装備します。

内蔵スピーカーだけでなく、お気に入りの外部スピーカーやヘッドホンからも音声を再生できます。

スタンド機能

付属のスタンドは、チルト・スイベル・高さ・回転に対応し、とても優秀です。

ベストポジションにしっかり固定できるため、長時間でも、疲れにくい環境が手に入るでしょう。

さらに、VESAマウント対応なので、モニターアームの取り付けもOK。

モニターアームを使用すれば、台座が必要なくなるので、モニター下のスペースを有効活用できます。

価格

現在価格は、5万円台後半~6万円台。

Amazon.co.jpほか、各オンラインショップにて、販売中です。

まとめ

「GW3290QT」は、デスクワークの効率を高める技術を多く採用しており、優れた生産性を実現します。

31.5インチの大画面なので、WQHDとの相性もよく、文字が大きく表示されて読みやすいことが特徴。

やや高価ではあるものの、その分作業に役立つ機能がもりもりなので、興味のある方はぜひ一度チェックしてみてください。

created by Rinker
ベンキュージャパン
関連記事
【安い】PCモニターおすすめ10選!選び方も解説【2024年版】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴30年。PC・ゲーム・ブログを愛しています。 70000PV達成、Twitterフォロワー数1万人。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームや仕事で極上の環境を手にしたい人に向けて、ゲーミングデバイスやPCに関する情報を発信しています。

-PCモニター
-