当サイトには広告が含まれます PCモニター

「JN-IPS2380FLWQHD-HSP」レビューまとめ

「JN-IPS2380FLWQHD-HSPはどんなモニター・ディスプレイ?機能やスペックについて知りたい🤔

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • 「JN-IPS2380FLWQHD-HSP」の特徴とスペック情報
  • 「JN-IPS2380FLWQHD-HSP」の基本仕様まとめ

この記事では、JAPANNEXT(ジャパンネクスト)製「JN-IPS2380FLWQHD-HSP」の特徴や基本仕様をまとめています。

また、搭載する機能・技術の解説もしているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読めば、どんな製品かサクッと理解できます!

JN-IPS2380FLWQHD-HSPの特徴

ポイント

  • 23.8インチのIPS系パネル
  • 2560×1440解像度
  • 多機能スタンドで快適作業

「JN-IPS2380FLWQHD-HSP」は、23.8インチのWQHD液晶です。フルHDに比べ、より高精細な映像を楽しめるだけでなく、広い表示領域で優れた生産性を実現します。

パネルはIPS系で、仕事からプライベートまで、用途を選ばないことが特徴。さらに、sRGB 100%の広色域カバーにより、正確な色が求められる作業にも対応できます。

現在価格は2万円台前半で、スピーカーはないものの、コスパに優れます。また、多機能スタンドの搭載でフル調整に対応するため、長時間でも快適な作業が可能です。

JN-IPS2380FLWQHD-HSPの主なスペック

パネルサイズ23.8インチ
パネルタイプIPS系
解像度2560×1440
リフレッシュレート最大60Hz
視野角H:178º、V:178º
輝度300cd/m2
コントラスト比1000:1
応答速度5ms(OD)
最大表示色1677万色
色域sRGB 100%
HDR-
スピーカー-
サイズ443~573×541×220mm
重量約4.3kg
接続HDMI、DP、DVI-D
イヤホン出力
スタンド調整機能チルト、スイベル
高さ、回転
消費電力通常≦20W

主なパッケージ内容物

  • モニター本体
  • スタンド一式
  • HDMIケーブル
  • 電源アダプター(電源ケーブル一体型)
  • マニュアル
  • スタンド用ネジ
  • 保証書

JN-IPS2380FLWQHD-HSPの基本仕様

「JN-IPS2380FLWQHD-HSP」の基本仕様をチェックしていきます。

デザイン

スタンド無しサイズは、高322×幅541×奥行39mm。

スタンド付きサイズは、高443~573×幅541×奥行220mm。

スタンド幅は229mm、製品重量は約4.3Kgとなっています。

ディスプレイ

パネル

パネルの種類は、IPS(In Plane Switching)になります。

発色がよく、色鮮やかな画質なので、苦手なジャンルがありません。

視野角も178°あり、どの角度から見ても色の変化が少ないので、マルチモニターに適しています。

サイズ・解像度

画面の大きさは、定番サイズの23.8インチ。

解像度はWQHDで、フルHDの約1.8倍の情報量があるため、より効率よく作業を行えます。

ただし情報が増える分、ひとつひとつの文字やアイコンが小さく表示されるので、23.8インチだと視力の弱い人は見づらい可能性があります。

応答速度

オーバードライブ時の応答速度は、高速の5msです。

応答速度が速くなるほど、映像のブレが減るため、よりクッキリとした映像に。

これにより、ビデオ会議やオンライン授業など、動きのあるシーンも鮮明に映し出せます。

機能&技術

フリッカーフリー

フリッカーは、モニター画面に起こる高速な点滅のことです。

フリッカーは、肉眼ではほぼ認識できませんが、肩こりや頭痛の原因になるとも言われています。

フリッカーフリー液晶は、この高速な点滅を抑制し、目や身体の疲れ対策に貢献します。

ブルーライト軽減モード

ブルーライト軽減モード中は、目に刺激を与えるブルーライトの発生を抑えます。

ブルーライトは、長い時間浴び続けると、眼精疲労や睡眠障害を引き起こすことも。

適切にブルーライトをカットすることで、目の負担が低減され、パフォーマンスの向上につながります。

AMD FreeSync

FreeSync(フリーシンク)は、主にゲーム向けの技術です。

対応機器と接続することで、画面のズレやカクツキが改善されます。

このため、低遅延かつ、スムーズなプレイを楽しめます。

スタンド機能

付属のスタンドは、チルト・スイベル・高さ・回転のフル調整に対応します。

画面をベストポジションに固定できるので、長時間でも、快適な視聴環境が手に入るでしょう。

さらに、VESAマウント付きのため、モニターアームの取り付けもOKです。

モニターアームを使用すれば、台座が必要なくなり、モニター下のスペースを有効活用できます。

入出力端子

映像端子

映像入力は、HDMI・DisplayPort・DVI-Dの3系統になります。

豊富な接続方法が用意されているので、さまざまなデバイスに対応できます。

ですが、各端子は一つずつなので、HDMI機器を複数使う人は物足りなさを感じるかもしれません。

音声端子

オーディオ端子として、イヤホン出力を装備します。

スピーカーは非搭載ですが、外部スピーカーやヘッドホンを接続すれば、モニターから音声を再生可能です。

価格

現在価格は、2万2000万円台~2万4000円台。

Amazon.co.jpのほか、各オンラインショップにて販売されています。

まとめ

「JN-IPS2380FLWQHD-HSP」は、IPS系パネル×WQHDにより、幅広いビジネスシーンで高い作業効率を実現することが特徴です。

また、色の再現性に優れるため、正確な色が求められるクリエイティブ作業にも活躍。

23.8インチのため視力に自信のある人向けですが、コスパは抜群なので、手頃なWQHDモニターを探している人はぜひ一度チェックしてみてください。

関連記事
【安い】PCモニターおすすめ10選!選び方も解説【2024年版】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴30年。PC・ゲーム・ブログを愛しています。 70000PV達成、Twitterフォロワー数1万人。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームや仕事で極上の環境を手にしたい人に向けて、ゲーミングデバイスやPCに関する情報を発信しています。

-PCモニター
-