当サイトには広告が含まれます ゲーミングモニター

「JN-IPS315G144UHDR」レビュー|特徴&スペック

「JN-IPS315G144UHDRはどんなゲーミングモニター?機能やスペックについて知りたい。」

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • 「JN-IPS315G144UHDR」の特徴とスペック情報
  • 「JN-IPS315G144UHDR」の基本仕様まとめ

この記事では、JAPANNEXT(ジャパンネクスト)製「JN-IPS315G144UHDR」の特徴や基本仕様をまとめています。

また、搭載する機能・技術の解説もしているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読めば、どんな製品かサクッと理解できます!

JN-IPS315G144UHDRの特徴

ポイント

  • 31.5インチ・4K
  • 144Hzリフレッシュレート
  • 応答速度1msのIPSパネル

「JN-IPS315G144UHDR」は、4K/144Hzリフレッシュレートに対応するハイスペックモデル。PS5では4K/120Hzプレイをサポートし、高精細な映像を大画面で楽しめます。

パネルはIPS系で、1ms応答速度により、高画質と高速描写を両立することが特徴です。また、sRGB 100%の広色域をカバーするため、幅広いジャンルで活躍します。

現在価格は、Amazon.co.jpで、8万円台。特別な機能はないものの、コスパに優れた1台なので、ゲームや普段使いでワンランク上の環境を手にしたい人におすすめです。

JN-IPS315G144UHDRの主なスペック

パネルサイズ31.5インチ
パネルタイプIPS(AAS)
解像度3840×2160
リフレッシュレート144Hz
視野角H:178º/V:178º
輝度350cd/m2
コントラスト比1000:1
応答速度OD時:1ms(GtoG)/MPRT:1ms
最大表示色10.7億色
色域sRGB 100%、DCI-P3 90%
HDRHDR10
スピーカー搭載
サイズ513×716×204mm
重量約6.7kg
接続HDMI×2、DP×2
オーディオ出力
消費電力通常46W

主なパッケージ内容物

内容物

  • モニター本体
  • スタンド一式
  • HDMIケーブル
  • DPケーブル
  • 電源ケーブル
  • 電源アダプター
  • マニュアル
  • VESA用ネジ
  • VESA用スペーサー
  • 保証書

JN-IPS315G144UHDRの基本仕様

引用元:https://jp.japannext.com/products/jn-ips315g144uhdr

「JN-IPS315G144UHDR」の基本仕様をチェックしていきます。

デザイン

スタンド付きサイズは、高513×幅716×奥行204mm。

スタンド無しサイズは、高424×幅716×奥行52mm。

スタンド幅は440mm、製品重量は、約6.7kgです。

ベゼル幅は約1mm、画面非表示幅は約6mmのフレームレスデザインであり、スタイリッシュな見た目に仕上がっています。

ゲーミング性能

可変リフレッシュレートに対応するため、チラつきやコマ落ちを軽減したスムーズなプレイが可能です。

さらに、応答速度はオーバードライブ時で1ms、最大リフレッシュレートは144Hz。

動きの速いシーンでも、クリアな映像を実現するため、スピード感あるゲームも快適に楽しめます。

なお、4K/144Hz表示に対応するのは、DisplayPortのみ。

HDMI接続で4K解像度を選んだ場合、最大リフレッシュレートは120Hzになるので注意しましょう。

ディスプレイ

引用元:https://www.rtings.com/

パネル

パネルは、AAS(Azimuthal Anchoring Switching)で、IPS系になります。

IPS同様に発色がよく、色鮮やかな画質なので、苦手な用途がありません。

178°の広い視野角を持ち、角度による色変化が少ないため、マルチモニターに適しています。

サイズ・解像度

解像度は、3840×2160の4Kで、画像の細かな部分まで鮮明に映し出すことが可能。

画面サイズは大型の31.5インチであり、文字が小さく表示されてしまう、4Kとの相性はバッチリです。

また、表示領域がフルHDの4倍あるので、たくさんのウィンドウやツールを並べて効率よく作業を行えます。

色域

色域はsRGB 100%、DCI-P3 90%を謳っており、ゲーミングモニターとしては優秀な性能です。

色の再現性が高いため、FPS系からRPG系まで、ゲームジャンルを選びません。

動画視聴はもちろん、一般的なデスクワークからクリエイティブ作業まで、さまざまな場面で活躍します。

フリッカーフリー&ブルーライト軽減

画面はフリッカーフリー仕様で、フリッカーと呼ばれるチラつきを抑える技術が採用されています。

さらに、睡眠障害の原因にもなるブルーライトの軽減機能を搭載。

目や身体への疲れ対策になるので、長時間プレイ時のパフォーマンス維持に役立ちます。

入出力端子

引用元:https://jp.japannext.com/products/jn-ips315g144uhdr

映像端子

映像入力は、HDMI、およびDisplayPortが2ポートずつ。

端子の数が多めに用意されているので、PCのほか、複数のデバイスを同時に接続しておけます。

いろんなゲーム機で遊ぶ場合でも、ケーブルを抜き差しする手間がありません。

音声端子

音声端子には、オーディオ出力を装備。

内蔵スピーカーに加え、お気に入りの外部スピーカーやヘッドホンからも、音声を楽しめます。

スタンド機能

スタンド調整は、前後の角度を-10°~+10°に動かせるチルトのみ。

高さを変えたり回転させたりは不可なので、自分に合う位置に固定するには、少し工夫が必要になるでしょう。

ですが、VESAマウント付きなので、モニターアームの取り付けはOKです。

モニターアームを利用すれば、自由自在な位置調整を行えます。

まとめ

「JN-IPS315G144UHDR」は、4K/144Hz対応によって、PCやPS5で極上の映像体験を味わえることが特徴です。

31.5インチの大画面なので、迫力ある映像を楽しみたい人や27インチの4Kは文字が小さくて読みづらいという人にぴったり。

現時点では8万円台であり、スペックを考えればコスパは高めなので、興味のある方はぜひ一度チェックしてみてください。

関連記事
おすすめの人気ゲーミングモニター31選&選び方【2024年最新】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴30年。PC・ゲーム・ブログを愛しています。 70000PV達成、Twitterフォロワー数1万人。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームや仕事で極上の環境を手にしたい人に向けて、ゲーミングデバイスやPCに関する情報を発信しています。

-ゲーミングモニター
-