当サイトには広告が含まれます PCモニター

「MD2412P」レビューまとめ|特徴&スペックを詳しく解説

「MD2412Pはどんなモニター・ディスプレイ?機能やスペックについて知りたい🤔

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • 「MD2412P」の特徴とスペック情報
  • 「MD2412P」の基本仕様まとめ

この記事では、MSI(エムエスアイ)製「MD2412P」の特徴や基本仕様をまとめています。

また、搭載する機能・技術の解説もしているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読めば、どんな製品かサクッと理解できます!

MD2412Pの特徴

ポイント

  • 23.8インチのIPSパネル
  • 1920×1080解像度
  • 2万円台の高コスパモニター

「MD2412P」は、23.8インチのビジネス向けモデル。解像度はフルHDで、IPSパネルを採用しており、色鮮やかな画質で幅広いデスクワークをこなせることが特徴です。

目に優しいMSIアイケア技術により、目の負担を抑えます。さらにフル調整スタンドを搭載し、ベストポジションに固定できるため、長時間快適な作業空間を実現します。

映像入力は、HDMIとUSB Type-Cの2系統。現在価格は2万円台前半であり、必要十分な機能があるので、手頃なテレワーク用モニターを探している人におすすめです。

MD2412Pの主なスペック

パネルサイズ23.8インチ
パネルタイプIPS
解像度1920×1080
リフレッシュレート最大100Hz
視野角178°(H)/178°(V)
輝度300
コントラスト比1000:1
応答速度1ms(MPRT)
最大表示色約1670万色
色域sRGB 99%、DCI-P3 89%
HDR対応
スピーカー3W+3W
サイズ約542×201×491mm
重量約4.65kg
接続HDMI、USB Type-C
ヘッドホン出力
スタンド調整機能チルト、スイベル
高さ、回転
消費電力使用時14W

主なパッケージ内容物

  • モニター本体
  • スタンド一式
  • HDMIケーブル
  • 電源ケーブル
  • ACアダプタ
  • VESAマウント用スペーサーネジ×4
  • クイックスタートガイド

MD2412Pの基本仕様

「MD2412P」の基本仕様をチェックしていきます。

デザイン

本体サイズは、約542×201×491mm。

本体重量は、約4.65kgとなっています。

液晶部は、3辺フレームレスデザインで、スタイリッシュな仕上がりです。

ディスプレイ

パネル

パネルの種類は、IPS(In Plane Switching)になります。

発色がよく、色彩豊かな画像を映し出せるので、苦手な用途がありません。

視野角も178°あり、角度をつけても色変化が少ないため、マルチモニターに適しています。

サイズ・解像度

画面の大きさは、丁度いいサイズ感の23.8インチ。

解像度は1920×1080で、初心者から上級者まで使える定番スペックです。

一般的なオフィスで、よく見かけるタイプのモニターなので、職場に近い感覚で作業を行えるでしょう。

応答速度

応答速度は、MPRT機能をONにすることで、高速の1msまで改善できます。

応答速度が速くなるほど、映像のブレが減るので、ビデオ会議やオンライン授業のクリアな視聴が可能です。

なお、MPRT機能を有効にするには、リフレッシュレートを85Hz以上にする必要があるので注意しましょう。

機能&技術

MSI Eye Care技術

Eye Care対応により、アンチフリッカー+ブルーライトカット+ノングレアパネルで、目を保護します。

アンチフリッカーは画面のチラつき、ノングレア加工は光の反射を抑え、目にかかる負担を軽減。

また、ブルーライトはハードウェアレベルでカットされるため、色味の変化が少ないことが特徴です。

Eye-Q Check機能

Eye-Q Check機能により、目の疲れ具合を確認できます。

例えば、グリッド線を表示し、ぼやけたり歪んで見えたときは目が疲れているサインです。

自分では気づかないうちに、目はダメージを受けていることもあるので、休憩時間の目安に役立ちます。

HDR

HDR表示機能があり、明るい部分と暗い部分の再現力を高められます。

これにより、映画や動画では、よりリアリティある映像表現を楽しめます。

ですが、DisplayHDRのような標準規格に対応するわけではないので、効果の感じ方には個人差があるかもしれません。

スタンド機能

スタンド機能は、チルト・スイベル・高さ・回転に対応し、非常に優秀です。

自分好みの位置調整が可能なため、長時間でも、疲れにくい環境が手に入ります。

さらに、VESAマウント対応なので、モニターアームの取り付けもOK。

モニターアームを使用すれば、台座が必要なくなり、モニター下のスペースを有効活用できます。

入出力端子

映像端子

映像入力には、HDMI、およびUSB Type-Cが用意されています。

PCに加え、レコーダーやゲーム機など、複数のデバイスを同時に接続できて便利です。

ただし、各端子は一つずつでDisplayPortもないので、USB Type-Cを利用する人向けと言えるでしょう。

音声端子

音声端子には、ヘッドホン出力を装備します。

内蔵スピーカーだけでなく、お気に入りの外部スピーカーやヘッドホンからも音声を再生できます。

価格

現在価格は、約2万2000円台。

Amazon.co.jpほか、各オンラインショップにて、販売されています。

まとめ

「MD2412P」は、2万円ちょっとの価格ながらアイケア技術や高機能スタンドを搭載し、高い生産性と優れた快適性を実現することが特徴です。

IPSパネルなので、苦手なジャンルがなく、動画視聴や普段使いにもおすすめ。

USB Type-Cが使えないと接続がHDMIのみになるのは注意ですが、コスパは抜群なので、手頃なモニターが欲しい人はぜひ一度チェックしてみてください。

関連記事
【安い】PCモニターおすすめ10選!選び方も解説【2024年版】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴30年。PC・ゲーム・ブログを愛しています。 70000PV達成、Twitterフォロワー数1万人。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームや仕事で極上の環境を手にしたい人に向けて、ゲーミングデバイスやPCに関する情報を発信しています。

-PCモニター
-