当サイトには広告が含まれます PCモニター

「MD2712PW」レビューまとめ|特徴&スペックを詳しく解説

「MD2712PWはどんなモニター・ディスプレイ?機能やスペックについて知りたい🤔

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • 「MD2712PW」の特徴とスペック情報
  • 「MD2712PW」の基本仕様まとめ

この記事では、MSI(エムエスアイ)製「MD2712PW」の特徴や基本仕様をまとめています。

また、搭載する機能・技術の解説もしているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読めば、どんな製品かサクッと理解できます!

MD2712PWの特徴

ポイント

  • 27インチのIPSパネル
  • 1920×1080解像度
  • フル調整スタンドで快適作業

「MD2712PW」は、27インチのビジネス向けモニターです。解像度はフルHDで、IPSパネルを採用しており、sRGB 99%カバーの色域でさまざまな用途をこなせます。

目に優しいEye Care技術を搭載しており、疲労を軽減することが可能。さらに、昇降機能付きのフル調整スタンドを装備するため、長時間の快適な作業環境を実現します。

現在価格は、2万円台半ばであり、コスパも高めです。映像入力は2系統ですが、USB Type-Cを装備するので、特にノートPCとの接続に役立つモデルと言えるでしょう。

MD2712PWの主なスペック

パネルサイズ27インチ
パネルタイプIPS
解像度1920×1080
リフレッシュレート最大100Hz
視野角178°(H)/178°(V)
輝度300
コントラスト比1000:1
応答速度1ms(MPRT)
最大表示色約1670万色
色域sRGB 99%
DCI-P3 89%
HDR対応
スピーカー搭載
サイズ約614×201×414mm
重量約5.85kg
接続HDMI、USB Type-C
ヘッドホン出力
スタンド調整機能チルト、スイベル、高さ、回転
消費電力使用時17W

主なパッケージ内容物

  • モニター本体
  • スタンド一式
  • HDMIケーブル
  • 電源ケーブル
  • ACアダプタ
  • VESAマウント用スペーサーネジ×4
  • クイックスタートガイド

MD2712PWの基本仕様

「MD2712PW」の基本仕様をチェックしていきます。

デザイン

本体サイズは約614×201×414mm、重量は約5.85kgです。

液晶部は、3辺フレームレスデザインで、スタイリッシュな仕上がり。

また、スタンドにはケーブルホルダーがあり、各ケーブルをスッキリとまとめられます。

ディスプレイ

パネル

パネルの種類は、IPS(In Plane Switching)になります。

発色がよく、色鮮やかな画像を映し出せるため、デスクワークから動画視聴まで用途を選びません。

178°の広い視野角を持ち、斜めから見ても色変化が少ないので、マルチモニターにおすすめです。

サイズ・解像度

画面サイズは、少し大きめの27インチ。

解像度は1920×1080で、初心者から上級者まで使いやすいことが特徴です。

一般的なオフィスでよく見かける定番スペックなので、職場と同じような感覚で作業を行えるでしょう。

応答速度

応答速度は、1ms(MPRT)を謳っており、とても高速です。

応答速度が速くなるほど、残像感が少なくなるので、よりクリアな映像に。

ビデオ会議やオンライン授業など、動きのあるシーンでも、ストレスなく視聴できます。

機能&技術

ハードウェアブルーライトカット

「MD2712PW」では、ハードウェアレベルで、ブルーライトをカットします。

これにより、色味の変化を抑えつつ、目を保護することが可能です。

従来のソフトウェアブルーライトカットだと、色が不自然なるので使いたくなかった、そんな人の力強い味方になります。

アンチフリッカー

液晶モニターの中には、フリッカーと呼ばれる、チラつきを発生させる製品があります。

フリッカーは、肉眼ではほぼ認識できませんが、肩こりや頭痛の原因になると言われています。

アンチフリッカーは、このチラつきを抑制する技術であり、眼精疲労対策に役立ちます。

Eye-Q Check機能

Eye-Q Checkは、目の疲れ具合を確認できる機能です。

例えば画面にグリッド線を表示し、線が波打ったり歪んで見えたりする場合は、目が疲れているサインになります。

目の疲れは、自分では気づきにくいこともあるので、休憩時間の目安として活躍します。

スタンド機能

付属のスタンドは、チルト・スイベル・高さ・回転のフル調整に対応します。

ベストポジションにバッチリ固定できるので、長時間でも、快適な視聴環境が手に入るでしょう。

さらに、VESAマウント付きのため、モニターアームの取り付けもOKです。

モニターアームを利用すれば、台座が必要なくなり、モニター下のスペースを有効活用できます。

入出力端子

映像端子

映像入力は、HDMIおよびUSB Type-Cの2系統が用意されています。

PCだけでなく、レコーダーやゲーム機を同時に接続しておけるので、ケーブルの抜き差しが減って便利。

ただし、各端子は1ポートずつであり、USB Type-Cが利用できないとHDMIのみになるので注意です。

音声端子

オーディオ端子は、ヘッドホン出力を装備します。

内蔵スピーカーに加え、お気に入りの外部スピーカーやヘッドホンからも、音声を再生できます。

価格

現在価格は、2万5000円台~2万6000円台。

Amazon.co.jpのほか、各オンラインショップにて、販売されています。

まとめ

「MD2712PW」は、IPSパネル×フルHDの使いやすいスペックで、仕事からプライベートまでマルチにこなすことが特徴です。

目に優しいアイケア技術を搭載し、27インチの少し大きな画面なので、動画好きにぴったり。

USB Type-Cを利用できることが前提になりますが、コスパ面も優秀なため、手頃なテレワーク用モニターを探している人はぜひ一度チェックしてみてください。

関連記事
【安い】PCモニターおすすめ10選!選び方も解説【2024年版】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴30年。PC・ゲーム・ブログを愛しています。 70000PV達成、Twitterフォロワー数1万人。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームや仕事で極上の環境を手にしたい人に向けて、ゲーミングデバイスやPCに関する情報を発信しています。

-PCモニター
-