ゲーミングモニター

pixio高解像度ゲーミングモニター「PXC348C」ほか2機種

2022年3月15日

pixio(ピクシオ)より、UWQHD対応の高解像度ゲーミングモニター「PXC348C」、およびWQHD「PX274 Prime」、「PX278」が登場。

現在の価格はそれぞれ、6万4980円、2万9980円、3万2980円。

大迫力の34型「PXC348C」

「PXC348C」は、UWQHD(3440×1440)解像度をサポートする34型ゲーミングモニター。

1500Rの湾曲画面にVAパネルを採用し、深みのある豊かな色による高い没入感をうたうことが特長だ。

映像入力はDisplayportとHDMI×2に加え、65W給電のUSB Type-Cを搭載しており、充電とデータ転送をケーブル1本で行える。

リフレッシュレートはDisplayport接続で144Hz、他の接続では100Hzに対応。

応答速度は1msを実現しており、大画面の迫力ある映像を楽しみながら、速いゲームを有利に展開することが可能となっている。

色鮮やかな「PX274 Prime」

27インチのIPSゲーミングモニターで、解像度はWQHD(2560×1440)をサポートする。

より高精細な画像を映し出せることに加え、フルHDの約1.8倍の情報量を表示できるため、普段使いや仕事の効率も高められる。

画面にはIPSパネルを採用しており、色の再現性に優れ、178°の広い視野角を実現した。

ナナメから見ても色の変化が少なく、フレームレス設計であることから、マルチモニターにも最適としている。

応答速度は1msで、リフレッシュレートはDisplayportで最大75Hz、HDMIは60Hz。

PS4やNintendo Switchのような60Hzゲーム機に適しており、速いゲームを鮮やかな映像でプレイしたい人におすすめだ。

高速で高精細「PX278」

最大144Hzリフレッシュレートを備えた27型ゲーミングモニター。

高速なTNパネルを採用し、オーバードライブ最大時では1msの応答速度をうたっている。

「FreeSync Premium」をサポートしており、ちらつきや入力遅れを軽減することが可能。

画像も鮮明で最高のパフォーマンスを発揮し、すべてのゲームを最大限楽しめるとしている。

解像度はWQHDで、フルHDよりも高精細ながら、4KよりもPCへの負荷を抑えられることが特長。

快適な動作を優先して性能と負荷のバランスを取りたい、そんな人にもおすすめだ。

まとめ

今回のpixioゲーミングモニター3機種は、WQHD以上の解像度でフルHDよりも表示領域が広く、より高精細なゲームを楽しめることが特長だ。

興味のある方はぜひ一度、チェックしてみてはいかがだろうか。

関連記事
【2022年最新】おすすめ人気ゲーミングモニター30選|選び方も解説

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴25年以上。PC、ゲーム、ブログを愛しています。 ゲームは主に格ゲー、MMOをプレイ。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームで勝つためのゲーミングデバイス情報やPC生活に役立つ情報を発信しています。

-ゲーミングモニター
-, ,