当サイトには広告が含まれます PCモニター

Dell「S2421HS」レビューまとめ|特徴&スペック解説

「S2421HS はどんなモニター・ディスプレイ?機能やスペックについて知りたい🤔

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • 「S2421HS」の特徴とスペック情報
  • 「S2421HS」の基本仕様まとめ

この記事では、Dell(デル)製「S2421HS」の特徴や基本仕様をまとめています。

また、搭載する機能・技術の解説もしているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読めば、どんな製品かサクッと理解できます!

S2421HSの特徴

ポイント

  • 23.8インチのIPSパネル
  • フルHD解像度
  • 高機能スタンドで快適作業

「S2421HS」は、ビジネス向けのワイドフレームレスモニターです。

23.8インチ×フルHDの使いやすいスペックであり、在宅勤務やテレワークに活躍。

画面には、鮮やかなIPSパネルを搭載しているので、苦手なジャンルがありません。

付属のスタンドは、省スペース設計ながら、フル調整が可能。

現在価格は、Amazon.co.jpで1万9800円となっており、優れたコスパを実現しています。

S2421HSの基本仕様

引用元:https://www.dell.com/support/search/ja-jp

「S2421HS」の基本仕様をチェックしていきます。

S2421HSの主なスペック

パネルサイズ23.8インチ
パネルタイプIPS
解像度1920×1080
リフレッシュレート最大75Hz
視野角水平垂直178º
輝度250cd/m2
コントラスト比1000:1
応答速度4ms
最大表示色1670万色
色域sRGB 99.9%
HDR-
スピーカー-
サイズ346.8~446.8×537.8×159.7mm
重量3.2Kg
接続HDMI、DP
オーディオライン出力
スタンド調整機能チルト、スイベル、高さ、回転
消費電力オンモード15.7W
保証期間3年間

主なパッケージ内容物

  • モニター本体
  • スタンドライザー
  • スタンドベース
  • 電源ケーブル
  • HDMIケーブル
  • クイックスタートガイド

デザイン

本体サイズは、スタンド付きで346.8~446.8×537.8×159.7mm、スタンド無しで322.6×537.8×53.8mm。

重量は、スタンド付きで4.8kg、スタンド無しで3.2Kgとなっています。

液晶部の3辺には、スタイリッシュなフレームレスデザインを採用。

またスタンドには、ケーブルを通す穴があるので、デスク周りをすっきりと見せれます。

ディスプレイ

引用元:https://www.rtings.com/

パネル

パネル種類は、IPSとなっています。

水平垂直で178°の広い視野角があるので、角度による色変化が少なく、どこから見ても鮮やか。

このため、色を扱う作業にも対応できるなど、仕事からプライベートまで幅広い用途に活用できます。

サイズ・解像度

画面サイズは、23.8インチ。

解像度は、1920×1080のフルHDです。

大きすぎず、小さすぎず、ちょうどいいサイズ感なのが特徴。

また、一般的なオフィスでよく見かける定番スペックなので、職場と同じような感覚で作業できるでしょう。

応答速度

応答速度は、ノーマルモード・高速モード・エクストリームから選べます。

応答速度が速いほど、映像のブレが軽減され、よりクリアな映像になります。

エクストリーム設定時には高速の4msまで改善できるため、ビデオ会議やオンライン授業など、動きのあるシーンでも快適な視聴が可能です。

機能&技術

フリッカーフリー

液晶モニターの中には、フリッカーと呼ばれるチラつきを発生させる製品があります。

フリッカーは肉眼では認識できないものの、目に負担をかけると言われているので注意です。

フリッカーフリーのモニターは、このチラつきを防止し、目の疲れを抑えます。

ブルーライトカット

ComfortView機能によって、放出するブルーライトの量が低減されます。

ブルーライトに長時間さらされると、眼精疲労や睡眠の質を下げる原因になることも。

ブルーライトをカットすることで、目や身体の疲れ対策につながるため、作業パフォーマンスの向上に役立ちます。

AMD FreeSync

AMD FreeSyncは、主にゲーミング向けの機能になります。

対応デバイスと接続することで、画面のズレやカクツキが減少します。

これにより、スムーズなゲームプレイを楽しむことが可能です。

入出力端子

引用元:https://www.dell.com/support/search/ja-jp

映像端子

映像入力は、HDMIとDisplayPortの2系統が用意されています。

PCのほか、ゲーム機やレコーダーを同時に接続しておけるので、ケーブルの抜き差しが減って便利です。

ただしHDMIが1ポートのため、複数のHDMI機器を使う人は、少し物足りなさを感じるかもしれません。

オーディオ端子

音声面では、オーディオライン出力を装備します。

スピーカーは非搭載ですが、外部スピーカーやヘッドホンを接続すれば、モニターから音声を再生できます。

スタンド機能

付属のスタンド機能は、チルト・スイベル・高さ・回転のフル調整に対応します。

ベストポジションにしっかり固定できるので、長時間でも疲れにくい環境を手にできるでしょう。

さらに、100×100mmのVESAマウントにも対応します。

モニターアームを取り付ければ、より自由自在な調整を行えるだけでなく、モニター下のスペースを有効活用することが可能です。

価格

現在価格は、1万9800円。

Amazon.co.jpの限定モデルとなっています。

まとめ

「S2421HS」は、広視野角のIPSパネルを搭載しており、用途を選ばないことが特徴です。

23.8インチ×フルHDで使いやすく、省スペース設計ながらフル調整スタンドを備えるため、あらゆるデスク環境におすすめ。

スピーカーは無しですが、それでもコスパ面は優秀なので、手頃なテレワーク用モニターを探している人はぜひチェックしてみてください。

関連記事
【安い】PCモニターおすすめ10選!選び方も解説【2024年版】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴30年。PC・ゲーム・ブログを愛しています。 70000PV達成、Twitterフォロワー数1万人。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームや仕事で極上の環境を手にしたい人に向けて、ゲーミングデバイスやPCに関する情報を発信しています。

-PCモニター
-