PC・周辺機器 ゲーミングPC

PC版【ストリートファイターⅤ】必要スペック&おすすめPC紹介

2022年7月23日

「ストリートファイターⅤに必要なPCスペックを知りたい」
「ストリートファイターⅤが快適にプレイできるおすすめPCは?」

この記事では、そんな人に向けて「ストリートファイターⅤ」に必要な動作環境と、eスポーツゲームを快適に遊べるJeSU公認のゲーミングPCをご紹介。

「ストリートファイターⅤ」はもちろん、複数の人気ゲームで動作の目安となる「FPS値」を公開しているので、ぜひPC選びの参考にしてみてください。

ストリートファイターⅤの必要&推奨PC動作環境

最低動作環境

OSWINDOWS 7 (64 BIT必須)
CPUIntel Core i3-4160 3.60GHz
メモリ6GB
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 480、GTX 570、GTX 670
DirectXVersion 11
サウンドカードDirectSound対応(DirectX 9.0c以上)

推奨動作環境

OSWINDOWS 7, 8, 8.1, 10 (64 BIT必須)
CPUIntel Core i5-4690K 3.50GHz
AMD FX-9370
メモリ8GB
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 960、またはAMD Radeon
DirectXVersion 11
サウンドカードDirectSound対応(DirectX 9.0c以上)

参考情報:公式サイト

JeSU(日本eスポーツ連合)公認PCとは

「JeSU公認PC」とは、人気eスポーツタイトルで本格的なプレイを楽しむためのモデルで、老舗のBTO PCショップ「マウスコンピューター」で販売中。

「ストリートファイターⅤ」はもちろん、各ゲームのFPS値と検証時の設定を公開しているため、動作の快適さを数値で確認できることが特長です。

マウスコンピューターでは、延長保証が通常は最大3年ですが、「JeSU公認PC」では安心して長く使えるように、最大で5年間の延長保証を選択可能。

プロから一般ゲーマー、大会運営者まで、「ストリートファイターⅤ」やeスポーツタイトルをプレイするなら当サイトで最もおすすめのゲーミングPCです。

JeSU公認PCを見る

FPS値とは

FPS値とは「1秒間に何回画面を切り替えられるか」を表した数値で、FPS値が高いほど、より滑らかなゲームプレイを楽しむことができます。

「ストリートファイターⅤ」の場合、上限の60FPSを常に維持できるかが重要で、60FPSを下回るとカクついて対戦に大きく影響するかもしれません。

なので勝利にこだわりたい人や、より綺麗な画質でプレイしたい人は、高画質設定や高解像度にしても60FPSをキープできるPCを選びたいところです。

ストリートファイターⅤにおすすめのJeSU公認PC

G-Tune HM-BJ (Windows 11)

Core i7 12700/GeForce RTX 3060/32GB/1TB SSD

■人気タイトルのFPS値

平均FPS最高FPS最低FPS
ストリートファイターⅤ(画面品質:最高)606060
Apex Legends(最高ランク画質)16023471
FORTNITE(クオリティプリセット:最高)10215781

これからeスポーツゲームを始める人におすすめのJeSU公認PCで、「ストリートファイターⅤ」では画面品質「最高」でも、60FPSを維持できる性能です。

メインメモリは大容量の32GBで、CPUには、優れたコストパフォーマンスで人気のある「第12世代インテル Core i7-12700 プロセッサー」を搭載。

グラフィックボードは、12GBの高速メモリを備えた「GeForce RTX 3060」なので、さまざまなオンラインゲームの推奨スペックを満たせることが特長です。

ミドルモデルですが、複数の有名タイトルでFPSは60以上。なので、フルHDゲームでは高画質設定にしても、優れたパフォーマンスの実現が可能です。

公式サイトで見る

G-Tune PP-ZJ (Windows 11)

Core i7 12700K/GeForce RTX 3070 Ti/32GB/1TB SSD

■人気タイトルのFPS値

平均FPS最高FPS最低FPS
ストリートファイターⅤ(画面品質:最高)606060
Apex Legends(最高ランク画質)144144131
FORTNITE(クオリティプリセット:最高)149223116

JeSU公認PCのハイエンドモデルで、CPUにはパワフルな「Core i7-12700K」、グラフィックボードにはミドルレンジ上位の「GeForce RTX 3070 Ti」を採用。

「ストリートファイターⅤ」で安定して60FPSを出せるだけでなく、さらに高解像度や、他タイトルで高リフレッシュレートを狙えるパワーがあります。

また、360mmの大型ラジエーターを備える水冷CPUクーラーを搭載しているので、高負荷なCPUから発生する熱を強力に冷却できることが特長。

一瞬の判断が求められるゲームでは、熱によるパフォーマンス低下は結果に影響する場合もあるので、長時間負けられない本気のゲーマーにおすすめです。

公式サイトで見る

G-Tune E5-165J

Core i7 11800H/GeForce RTX 3060 Laptop GPU/32GB/1TB SSD

■人気タイトルのFPS値

平均FPS最高FPS最低FPS
ストリートファイターⅤ(画面品質:最高)606060
Apex Legends(最高ランク画質)13316593
FORTNITE(クオリティプリセット:最高)8912156

JeSU公認のゲーミングノートPC。本体重量は約1.73kg、持ち運びしやすい15.6型なので、どこでも手軽にeスポーツゲームを楽しめることが魅力です。

CPUは「インテル Core i7-11800H プロセッサー」、グラフィックスは「GeForce RTX 3060 Laptop GPU」で、メインメモリは大容量の32GBを搭載。

「ストリートファイターⅤ」では、最高画質でもしっかり60FPSが出せる性能なので、大会に持っていけば試合前の練習やキャラ対策にも活躍できます。

解像度はWQHD(2560×1440)で、フルHDよりも高精細な表示に対応。さらに、外部出力を利用すれば、4K解像度を大画面に表示することも可能です。

公式サイトで見る

PC版ストリートファイターⅤにおすすめのアケコン

「ストリートファイターⅤ」では、さまざまなコントローラーやキーボードでプレイできますが、ここでは特におすすめのアケコンを紹介します。

Qanba Obsidian(クァンバ オブシディアン)

人気プロゲーマーも使用しているハイエンドモデルで、ジョイスティックレバーと押しボタンパーツは、ゲーム筐体に使われている三和電子製を採用。

ゲームセンターと変わらない操作性と、高精度な入力を実現するので、「ストリートファイターⅤ」をはじめ自宅でも本格的な格闘ゲームを楽しめます。

HORI(ホリ)ファイティングスティックα

自社製の「HAYABUSAレバー&ボタン」で素早い入力を可能にしていることが特長で、スイッチを切り替えることで、PS5・PS4・PCで使用することが可能。

昔からゲームセンターでプレイしてきた人だと操作に違和感があるかもですが、これからアケコンを使う人や入力の速さを重視したい人におすすめです。

Hit BOX(ヒットボックス)

レバーの部分をボタンに置き換えたレバーレス設計で、操作に慣れを必要としますが、理論上では最速で入力できるともいわれるタイプのアケコン。

「ストリートファイターⅤ」では、ウメハラ選手をはじめ多くのプロゲーマーがレバーレスに移行しているので、勝利にこだわりたい人におすすめです。

ストリートファイターⅤ必要PCスペックまとめ

最低環境でも「ストリートファイターⅤ」をプレイ可能ですが、負荷のかかる場面で処理落ちすると不利になるので、推奨環境以上のPCがおすすめです。

また、実際にプレイするとグラフィック設定「低」に比べ、「最高」ではビックリするくらい映像が綺麗になりますし、キャラの動きも見やすいのが魅力。

とにかく「ストリートファイターⅤ」では、速さと正確さが重要なので、ぜひこの記事を参考にして、快適なゲーミング環境を手にしてほしいと思います!

関連記事
【2022年最新】おすすめゲーミングPCランキング|高コスパあり

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴25年以上。PC、ゲーム、ブログを愛しています。 ゲームは主に格ゲー、MMOをプレイ。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームで勝つためのゲーミングデバイス情報やPC生活に役立つ情報を発信しています。

-PC・周辺機器, ゲーミングPC
-,