ゲーミングPC

水冷CPUクーラーの【メリット・デメリット】おすすめ水冷PCもご紹介

2018年8月11日

省スペースながら、優れた冷却性能を実現する水冷CPUクーラー。高負荷のゲーミングや動画編集では、効率的にCPUを冷却できるので、PCのパフォーマンス維持に活躍することが特長です。

とはいえ、水冷CPUクーラーにはデメリットもあるので、誰にでもおすすめというわけではありません。

この記事では、水冷CPUクーラーのメリット・デメリットを解説します。最後には、水冷CPUクーラー搭載のおすすめPCも紹介するので、ぜひPC選びの参考にしてみてください。

水冷CPUクーラーのメリット

冷却性能が高い

水冷CPUクーラーのメリットは、冷却性能の高さにあります。高温になったCPUをより効率よく冷却できるので、PCのパフォーマンス低下を抑えられることが特徴。

なので水冷CPUクーラーは、ゲームや動画編集など、PCに高負荷を長時間かける場面で活躍します。

CPU周りがスッキリ

水冷CPUクーラーは、CPUに取り付ける部分が小型の製品が多いので、CPU周りのパーツと干渉しにくいことがメリット。

大型の空冷CPUクーラーだと、ケースやパーツ構成によっては取付けが難しいことがあるのに比べ、水冷CPUクーラーなら省スペースでの設置が可能です。

ただし、水冷CPUクーラーにもラジエーターが大型の製品もあるため、自作する際はPCケースに対応したサイズを確認しましょう。

水冷CPUクーラーのデメリット

液漏れのリスクがある

水冷式である限り、どうしても液漏れのリスクが存在します。技術が進んだ現在では信頼できる製品も多いですが、100%液漏れがないとは言い切れないのが現実。

もし液漏れがPC内部で起きてしまったら…と考えるだけで、とても悲惨な状況が想像できてしまいます。

空冷CPUクーラーに比べると価格が高め

空冷CPUクーラーに比べると、水冷CPUクーラーは価格がやや高めの傾向にあります。

さらに、水冷CPUクーラーを必要とするスペックだとPC本体が高額な場合もあるので、高コストになりやすいところがデメリットと言えます。

結論:水冷CPUクーラーは必要か?どんな人におすすめ?

水冷CPUクーラーは、長時間ゲームや動画編集をする人におすすめ

水冷CPUクーラーは、CPUに高負荷がかかる3Dゲームや、動画編集を長時間する人におすすめします。

理由は、CPUの温度が高くなりすぎると、徐々にパフォーマンスが落ちてゲームプレイや作業に支障が出ることもあるから。

なので、そこまで負荷がかかる作業を長時間しないのであれば、CPUクーラーは低価格の空冷タイプにして別のパーツにコストをかけるのもアリだと思います。

水冷CPUクーラーは、見た目を重視したい人におすすめ

水冷CPUクーラーは、CPU周りがスッキリするので、見た目がよいという理由で選ぶ人もいます。

なので、冷却性能を高めるためとはいえ、CPUの上にドカンと大型のクーラーを置きたくない人におすすめです。

おすすめの水冷CPUクーラー搭載PC

以上、水冷CPUクーラーのメリット・デメリットでした。ここからは、水冷CPUクーラーを搭載したおすすめのPCを紹介します。

ストーム PG-PXT30

PG-PXT30

CPUCore i7-13700K
GPUGeForce RTX 3080
メモリ16GB
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
電源1200W 80PLUS GOLD

公式サイトで見る

 PG-DC12の特徴 

  • 最新CPUのCore i7-13700K
  • ハイクラスRTX 3080を搭載
  • 大容量1200W電源

強力なCore i7-13700K+水冷クーラーと、ハイクラスのRTX 3080を組み合わせた圧巻の構成。

フルHDの高フレームレートや4K環境のゲーミングに対応できるだけでなく、動画・画像編集も快適にこなせる高いスペックが特徴です。

電源ユニットには、余裕の1200W GOLDを採用。ハイスペックPCにも安定した電力を供給し、交換効率に優れるため、電気代の節約に繋がります。

フロンティア FRGH670/M1028/O

FRGH670/M1028/O

CPUCore i7-13700K
GPUGeForce RTX 3070
メモリ32GB
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
電源850W 80PLUS GOLD

公式サイトで見る

 FRGH670/M1028/Oの特徴 

  • 抜群のコストパフォーマンス
  • 最新CPUのCore i7-13700K
  • 余裕の32GBメモリ

インテルの第13世代Core i7-13700Kを搭載する水冷モデルで、16コア24スレッドの高いマルチスレッド性能を備えます。

GPUは、フルHD環境にぴったりなRTX 3070。さらに32GBの大容量メモリを搭載するため、クリエイティブ作業や実況配信など、高負荷な処理もサクサク実行します。

受注生産なので、納期は2週間ほどと長め。とはいえ、最新CPU+水冷クーラーで、現在25万円台という価格設定には驚きです。

パソコン工房 LEVEL-R669-LC127-RBX

LEVEL-R669-LC127-RBX

CPUCore i7-12700
GPUGeForce RTX 3060
メモリ16GB
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
電源700W 80PLUS BRONZE

公式サイトで見る

 LEVEL-R669-LC127-RBXの特徴 

  • Core i7-12700の高コスパCPU
  • ミドルクラスRTX 3060を搭載
  • 最新ゲームも快適な16GBメモリ

高パフォーマンスのCore i7-12700と、ミドルクラスのRTX 3060を組み合わせた水冷モデル。

最新のゲームをフルHD環境で快適にプレイできるだけでなく、イルミネーションパーツによって、見た目の美しさも楽しめます。

水冷CPUクーラーの優れた冷却性能で、発熱したCPUを効率よく冷やせることが特徴。ゲーミングや動画編集など、高負荷の処理が多い場面で活躍します。

SEVEN(セブン) ZEFT G27KP

ZEFT G27KP

CPUCore i7-12700KF
GPUGeForce RTX 3070
メモリ16GB
ストレージ500GB M.2 NVMe SSD
電源750W 80PLUS GOLD

公式サイトで見る

 ZEFT G27KPの特徴 

  • 高性能なCore i7-12700KF
  • ハイクラスRTX 3070を搭載
  • 産業グレードの防音素材を採用

ケースの前面・上面・側面に、産業グレードの防音素材を配置したことによって、静音性を高めたゲーミングPC。

水冷クーラーには、新開発の漏れ防止テクノロジーにより、液漏れのリスクを最小限に抑えたDeepCool製「GAMMAXX L240 A-RGB」を採用しています。

CPUは高性能な「Core i7-12700KF」、GPUは、ハイクラスの「GeForce RTX 3070」を搭載。タイトルによっては、WQHD以上のプレイ環境も狙えます。

mouse(マウスコンピューター) G-Tune EP-Z

G-Tune EP-Z

CPUCore i9-11900K
GPUGeForce RTX 3080
メモリ32GB
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD+4TB HDD
電源850W 80PLUS GOLD

公式サイトで見る

 G-Tune EP-Zの特徴 

  • パワフルなCore i9-11900K
  • ハイエンドクラスRTX 3080を搭載
  • 1TB SSD+4TB HDDの大容量ストレージ

マウスコンピューター「G-Tune(ジーチューン)」の水冷モデルで、パワフルなCPU「Core i9-11900K」と、ハイクラスGPU「GeForce RTX 3080」を搭載。

メインメモリは余裕ある32GBで、CPUクーラーには、240mmラジエーターの水冷クーラーを採用しています。

ストレージに1TB SSDと、4TB HDDを装備。大サイズのファイルもたっぷり保存できる容量なので、動画編集やゲーム配信にも活躍します。

TSUKUMO(ツクモ) G-GEAR Aim GB7J-H221/BRGB

GB7J-H221/BRGB

CPUCore i7-12700K
GPUGeForce 3070Ti
メモリ16GB
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
電源750W 80PLUS GOLD

公式サイトで見る

 GB7J-H221/BRGBの特徴 

  • Core i7-12700Kの強力なCPU
  • ハイクラスの3070Tiを搭載
  • おしゃれなスモークガラスケース

ミニタワーサイズながら、インテル第12世代CPU「Core i7-12700K」と「GeForce RTX 3070Ti」を搭載しており、パワフルな性能を実現しています。

黒色濃度を微調整したという「スモークガラスサイドパネル」が特徴的で、水冷CPUクーラーと背面ケースファンには、RGB LED付きモデルを採用。

透明ガラスパネルでは味わえない艶やかな輝きを楽しめるので、性能だけでなく、見た目にもこだわりたい人におすすめです。

mouse(マウスコンピューター) G-Tune H5-LC [ Windows 11 ]

G-Tune H5-LC

CPUCore i9-12900H
GPUGeForce RTX 3070 Ti Laptop GPU
メモリ32GB
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
パネル15.6型 液晶パネル

公式サイトで見る

 G-Tune H5-LCの特徴 

  • 高性能CPUのCore i9-12900H
  • ハイクラスのRTX 3070 Ti Laptop GPU
  • 水冷BOXによる圧倒的な水冷性能

マウスコンピューター「G-Tune」初の水冷ノートPCで、付属の水冷BOXによる優れた冷却性能によって、PCの力を極限まで引き出すことが可能。

また冷却ファンの騒音を抑えられることから、ゲームや作業により集中しやすく、配信中では気になるノイズを低減できることが特長です。

CPUは強力な「Core i9-12900H 」で、GPUは「RTX 3070 Ti Laptop GPU」を採用し、水冷BOX装着時には従来モデルに比べさらにパフォーマンスが向上。

画面は15.6型で持ち運びがしやすく、さらに240HzやWQHDの高精細表示に対応するので、コアゲーマーからクリエイターまで幅広い用途に活用できます。

まとめ

水冷CPUクーラーのメリット

  • 冷却性能が高くてパフォーマンス維持に活躍
  • CPU周りがスッキリで見た目がキレイ

水冷CPUクーラーのデメリット

  • 空冷CPUクーラーに比べると価格が高め
  • 液漏れのリスクがないとは言い切れない

高性能なゲーミングPCを購入しても、冷却性能が低いと、熱によってパフォーマンスが大きく下がることもあります。

長時間ゲームや動画編集をする人は、ぜひ水冷CPUクーラー導入して、快適なPC環境を手に入れてほしいと思います!

関連記事
【2022年最新】ゲーミングPCおすすめランキング|高コスパあり

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴25年以上。PC、ゲーム、ブログを愛しています。 ゲームは主に格ゲー、MMOをプレイ。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームで勝つためのゲーミングデバイス情報やPC生活に役立つ情報を発信しています。

-ゲーミングPC
-