PC・周辺機器 ゲーミングPC

水冷CPUクーラーの【メリット・デメリット】おすすめ水冷PCもご紹介

2018年8月11日

省スペースながら、優れた冷却性能を実現する水冷CPUクーラー。負荷のかかるゲーミングや動画編集では、効率的にCPUを冷却できるので、PCのパフォーマンス維持に活躍することが特長です。

とはいえ、水冷CPUクーラーにはデメリットもあるので、誰にでもおすすめというわけではありません。

この記事では、水冷CPUクーラーのメリット・デメリットを解説します。最後には、水冷CPUクーラー搭載のおすすめPCも紹介するので、ぜひPC選びの参考にしてみてください。

水冷CPUクーラーのメリット

冷却性能が高い

水冷CPUクーラーのメリットは、冷却性能の高さにあります。高温になったCPUをより効率よく冷却できるので、PCのパフォーマンス低下を抑えられることが特長。

なので、水冷CPUクーラーはゲームや動画編集など、PCに高負荷を長時間かける場面で活躍します。

CPU周りがスッキリ

水冷CPUクーラーは、CPUに取り付ける部分が小型の製品が多いので、CPU周りのパーツと干渉しにくいことがメリット。

大型の空冷CPUクーラーだと、ケースやパーツ構成によっては取付けが難しいことがあるのに比べ、水冷CPUクーラーなら省スペースでの設置が可能。

ただし、水冷CPUクーラーにもラジエーターが大型の製品もあるので、自作する際はPCケースに対応したサイズを確認しましょう。

水冷CPUクーラーのデメリット

液漏れのリスクがある

水冷式である限り、どうしても液漏れのリスクが存在します。技術が進んだ現在では信頼できる製品も多いですが、100%液漏れがないとは言い切れないのが現実。

もし液漏れがPC内部で起きてしまったら…と考えるだけで、とても悲惨な状況が想像できてしまいます。

空冷CPUクーラーに比べると価格が高め

空冷CPUクーラーに比べると、水冷CPUクーラーは価格がやや高めの傾向にあります。

さらに、水冷CPUクーラーを必要とするスペックだとPC本体が高額な場合もあるので、高コストになりやすいところがデメリットと言えます。

結論:水冷CPUクーラーは必要か?どんな人におすすめ?

水冷CPUクーラーは、長時間ゲームや動画編集をする人におすすめ

水冷CPUクーラーは、CPUに高負荷がかかる3Dゲームや、動画編集を長時間する人におすすめします。

理由は、CPUの温度が高くなりすぎると、徐々にパフォーマンスが落ちてゲームプレイや作業に支障が出ることもあるから。

なので、そこまで負荷がかかる作業を長時間しないのであれば、CPUクーラーは低価格の空冷タイプにして別のパーツにコストをかけるのもアリだと思います。

水冷CPUクーラーは、見た目を重視したい人におすすめ

水冷CPUクーラーは、CPU周りがスッキリするので、見た目がよいという理由で選ぶ人もいます。

なので、冷却性能を高めるためとはいえ、CPUの上にドカンと大型のクーラーを置きたくない人におすすめです。

おすすめの水冷CPUクーラー搭載PC

以上、水冷CPUクーラーのメリット・デメリットでした。ここからは、水冷CPUクーラーを搭載したおすすめのPCを紹介します。

mouse(マウスコンピューター) G-Tune EP-Z

Core i9 11900K/GeForce RTX 3080/32GB/1TB SSD/4TB HDD

マウスコンピューターのゲーミングPC「G-Tune(ジーチューン)」水冷モデルで、CPUにパワフルな「Core i9-11900K」、グラフィックボードに「GeForce RTX 3080」を搭載。

メインメモリは32GBで、CPUクーラーには、240mmラジエーターの水冷クーラーを採用しています。

ストレージに1TB SSDと、4TB HDDを装備。大サイズのファイルもたっぷり保存できる容量なので、動画編集やゲーム配信にも活躍します。

OSは、新しい「Windows 11 Home 64ビット」がインストール済み。Windows 10は、2025年にサポート終了予定なので、アップグレードする手間も省けます。

公式サイトで見る

SEVEN(セブン) ZEFT R29ST

Ryzen 5 5600X/GeForce RTX 3060/16GB/500GB SSD

RGBイルミネーションを備えた水冷CPUクーラーを採用しながら、現在セール特価で、税抜き20万円台のゲーミングPC。

コスパ重視のミドルレンジCPU「Ryzen 5 5600X」と「GeForce RTX 3060」を搭載するので、コストを重視したい人やライトゲーマーにおすすめのモデルです。

16GBのメモリと、WesternDigital製の高速SSDを装備するので、PCの起動やゲームのロード時には優れた速度を実現します。

Wi-Fi 6とBluetooth 5.0のサポートで、ワイヤレス接続にも対応。Wi-Fi 6は、Wi-Fi 5の約1.4倍速い通信速度なので、高画質の動画視聴やゲームも快適に楽しめます。

公式サイトで見る

パソコン工房 LEVEL-R66P-LC127-VAX

Core i7 12700/GeForce RTX 3080/32GB/1TB SSD

icon icon

大手BTOショップ、パソコン工房の「LEVEL∞ RGB Build」というモデルで、フルカラーLEDを装備したケースファン・LEDテープ・イルミネーションパーツを搭載。

ドレスアップの美しさと、ゲームに必要な性能を兼ね備えることが特長なので、快適なプレイと個性的なゲーミングPCを求める人におすすめです。

CPUはインテル第12世代の「Core i7-12700」で、グラフィックボードには、ハイエンドクラスの「GeForce RTX 3080」を採用。

メインメモリは32GBと大容量なので、さまざまなゲームタイトルに対応できるだけでなく、高いグラフィックス性能で動画像編集にも活躍します。

ケースファンは、基本構成で前面×3・上面×2(ラジエーターファン)・背面×1に装備。LEDで見た目も綺麗ですし、優れたエアフローを実現します。

公式サイトで見る

SEVEN(セブン) ZEFT G27SR

Core i7 12700KF/GeForce RTX 3080/16GB/500GB SSD

ケースの前面・上面・側面に、産業グレードの防音素材を配置したことで、静音性を高めたゲーミングPC。冷却用ファンは前に14cm、後ろに12cmを標準装備で、カスタマイズでケースの変更も可能です。

CPUは第12世代「Core i7-12700KF」、グラフィックボードは、多くの3Dオンラインゲームの推奨スペックを満たす「GeForce RTX 3080」を搭載します。

CPUクーラーは、Silverstone製のハイエンド水冷クーラー「PF240-ARGB」を採用。オーディオ面では、7.1チャンネルオーディオエフェクトをサポートするので、ゲームや動画で臨場感あるサラウンド楽しみたい人におすすめです。

公式サイトで見る

Lenovo(レノボ) Legion T750i 90Q800DUJM

Core i9 11900K/GeForce RTX 3080/32GB/2TB HDD+512GB SSD

CPUは第11世代「Core i9-11900K」で、最大5.3GHzのターボブーストによって、システムの能力を最大限に引き出しています。

CPUクーラーには、できる限り無音・低熱の安定した状態を維持するという「Legion Coldfront 2.0冷却システム」を採用。

3つのファン速度モードが用意されているので、高負荷のゲーム中と静音性を重視したい場面に合わせて、ファン速度を変更することが可能です。

メモリは32GBで、グラフィックボードは「GeForce RTX 3080」を搭載。専用ソフトウェアでの、CPU&GPUのオーバークロックに対応するので、状況に応じて瞬時にパフォーマンスを高められます。

公式サイトで見る

TSUKUMO(ツクモ) G-GEAR Aim GB7J-H221/BRGB

Core i7 12700K/GeForce RTX 3070Ti/16GB/1TB SSD

ツクモの技術・知識・経験を結集したゲーミングPC「G-GEAR Aim(ジーギア エイム)」シリーズ。

ミニタワーサイズながら、インテル第12世代CPU「Core i7-12700K」と「GeForce RTX 3070Ti」を搭載するので、パワフルな性能を実現しています。

黒色濃度を微調整したという「スモークガラスサイドパネル」が特徴的で、水冷CPUクーラーと背面ケースファンには、RGB LED付きモデルを採用。

透明ガラスパネルでは味わえない艶やかな輝きを楽しめるので、性能だけでなく、見た目にもこだわりたい人におすすめ。

前面と底部の吸気口には、ホコリが内部に入りにくい「防塵メッシュフィルター」を標準装備。フィルターは簡単に取り外すことが可能なので、日々の手入れやメンテナンス時間を減らせることが特長です。

公式サイトで見る

eスポーツゲームをプレイするなら「JeSU公認PC」がおすすめ

マウスコンピューターのJeSU(日本eスポーツ連合)公認PCとは、eスポーツゲームを快適にプレイするために構成されたモデルのこと。

フォートナイトやApex Legendsなど、人気7ゲームのFPS値と検証時の設定を公式サイトで公開しているため、性能が非常にわかりやすいです。

延長保証は最大5年間の選択可。勝敗にこだわりたいゲーマーから大会運営者まで、eスポーツタイトルをプレイするなら当サイト1番のおすすめ。

JeSU公認PCを見る

まとめ

水冷CPUクーラーのメリット

  • 冷却性能が高くてパフォーマンス維持に活躍
  • CPU周りがスッキリで見た目がキレイ

水冷CPUクーラーのデメリット

  • 空冷CPUクーラーに比べると価格が高め
  • 液漏れのリスクがないとは言い切れない

高性能なゲーミングPCを購入しても、冷却性能が低いと、熱によってパフォーマンスが大きく下がることもあります。

長時間ゲームや動画編集をする人は、ぜひ水冷CPUクーラー導入して、快適なPC環境を手に入れてほしいと思います!

関連記事
【2022年最新】おすすめゲーミングPCランキング|高コスパあり

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴25年以上。PC、ゲーム、ブログを愛しています。 ゲームは主に格ゲー、MMOをプレイ。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームで勝つためのゲーミングデバイス情報やPC生活に役立つ情報を発信しています。

-PC・周辺機器, ゲーミングPC
-,