ゲーミングPC

ゲーミングPCにBluetoothを後付けして対応させる方法

2022年9月18日

「ゲーミングPCを買ったけど、Bluetooth接続できない」「Bluetooth機能は後付けできるの?」

こんな悩みを解決していきます。

特にデスクトップ型のゲーミングPCでは、Bluetoothを搭載していないモデルも少なくありません。

このため、購入後にBluetoothが非搭載なことに気づいてしまい、後悔した人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ゲーミングPCにBluetoothを後付けする方法を解説します。価格も1000円前後から対応可能なので、ぜひ参考にしてみてください。

ゲーミングPCにBluetoothを後付けする方法

Bluetoothを後付けする方法はいくつかありますが、ここでは以下を紹介します。

  • Bluetoothアダプタを追加する
  • Bluetoothの拡張ボードを増設する

それぞれ解説していきます。

1.Bluetoothアダプタを追加する

最初に紹介するのは、USB接続タイプのBluetoothアダプタを追加することです。

以下のように、ゲーミングPCのUSBポートに挿し込むだけで使用可能なので、もっとも手軽な方法と言えるでしょう。

デメリットとしては、USBポートを一つ使用してしまうことと、小型なので紛失しやすいことがあげられます。

とはいえ、1000円以下の手頃な製品も多いですし、とにかく簡単なのでPC初心者から上級者までおすすめの手段です。

2.Bluetoothの拡張ボードを増設する

アダプタ追加とは別の選択肢として、主にデスクトップ型のゲーミングPCに、Bluetoothの拡張ボードを増設するという方法があります。

こちらは、拡張スロットに空きがあるゲーミングPCや、拡張ボードを自分で取り付けできる人におすすめ。

パソコンショップによっては、増設サービスを行っている場合もありますが、部品代+作業代で高額になることもあるので注意しましょう。

デメリットは、コストと手間がかかるところ。ですが、PC内部に取り付けるため、すっきりとした見た目にできるのが特徴です。

どっちの後付け方法がおすすめ?

2つの方法を紹介しましたが、おすすめは圧倒的に「Bluetoothアダプタ」を追加する方法です。

理由は、低コストであり、PC初心者から詳しい人まで幅広く対応できるから。

まとめると、以下になります。

Bluetoothアダプタを追加する方法(オススメ!)

メリットデメリット
  • 1000円前後の価格で購入できる
  • USBを挿すだけ初心者にも簡単
  • USBポートを一つ使用してしまう
  • 本体が小さいので失くしやすい

Bluetoothの拡張ボードを増設する

メリットデメリット
  • PC内部にパーツが隠れるのですっきり
  • USB端子を1ポート節約できる
  • 製品によっては高額な費用になることも
  • 取り付けにはある程度の知識が必要

よほど見た目を気にする人や、自作PC好きでない限り、Bluetoothアダプタで十分と言えます。

おすすめのBluetoothアダプタ

おすすめのBluetoothアダプタと、拡張ボードを紹介します。

TP-Link Bluetooth USBアダプタ UB5A

Bluetooth 5.0に対応したUSBアダプタ。かさばらないナノサイズ設計なのでで、持ち運びやしやすく、PCに装着しても目立ちにくいことが特徴です。

Bluetooth 5.0は4.0に比べ、通信速度が2倍になり、通信可能な範囲は4倍に広がりました。このため、より快適で、自由度の高い無線環境を実現できます。

TP-Link Bluetooth USBアダプタ ver 4.0 UB400

省電力技術(BLE)によって、従来より60%の消費電力をカットしたBluetooth USBアダプタで、最大10メートルの範囲で安定した送受信が可能。

対応するBluetoothバージョンは4.0までになりますが、その分価格が抑えられているので、少しでもコストを削減したい人にピッタリの製品です。

TEMGO Bluetoothアダプタ BT5.0-4

高性能なBluetooth5.1チップにより、最長20メートルの通信距離を実現。最大7つのデバイスを同時接続できるので、USBポートを節約することができます。

また、低遅延コーデックのaptXに対応。同じくaptXに対応したイヤホンやヘッドホンと接続することで、より高音質で遅延の少ない音や音楽を楽しめます。

おすすめのBluetooth拡張ボード

TP-Link WiFi ワイヤレスアダプター Archer TX50E

Bluetooth 5.0とWi-Fi6に対応したワイヤレスアダプタ。PCI-Express接続なので、スロットに空きがあるか事前にマザーボードを確認しておきましょう。

Bluetooth 5.0だけでなく、高速なWi-Fi6が使用できるので、快適な無線環境を実現。ケーブルに縛られず、PC周りをすっきりさせたい人におすすめです。

‎Intel Wi-Fi 6E AX210NGW

M.2規格のワイヤレスネットワークカードで、WiFi6テクノロジーとBluetoothバージョン5.2をサポート。

取り付けにはややPCの知識が必要になりますが、省スペースであり、手軽に高速ワイヤレスを増設できるところが魅力です。

まとめ

Bluetooth機能を搭載していないゲーミングPCでも、必要に応じて各アダプタを利用することで、Bluetooth接続が可能になります。

USBアダプタなら1000円前後ですぐ対応できるので、ぜひこの記事を参考にして、音楽や動画を快適に楽しめる環境を手にしてほしいと思います!

関連記事
【2022年最新】ゲーミングPCおすすめランキング|高コスパあり

続きを見る

【Amazon】でお得に買い物をする方法!

チャージタイプのAmazonギフト券なら、5000円以上の現金チャージをするたびに最大2.5%のポイントが貯まるのでおすすめ!

支払いは、コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが可能。ポイント率は、チャージ金額や通常・プライム会員によって変わるので活用しよう!

1回のチャージ金額通常会員プライム会員
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

Amazonギフト券「チャージタイプ」を見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴25年以上。PC、ゲーム、ブログを愛しています。 ゲームは主に格ゲー、MMOをプレイ。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームで勝つためのゲーミングデバイス情報やPC生活に役立つ情報を発信しています。

-ゲーミングPC
-