PC・周辺機器 ゲーミングPC

【2022年最新】おすすめゲーミングPCランキング|高コスパあり

2022年5月20日

「ゲーミングPCにはたくさんの種類があるけど、どうやって選べばいいの?」
「今すぐPCゲームを始めたい、おすすめのゲーミングPCを知りたい。」

この記事ではそんな人に向けて、厳選したおすすめのゲーミングPCを、ランキング形式でご紹介。

選び方の解説や、コスパ重視のモデルも用意しているので、ぜひゲーミングPC選びの参考にしてみてください。

ゲーミングPCの選び方

CPUをチェック

CPU(Central Processing Unit)は、PCの頭脳となる役割をもつパーツ。ゲーム中はもちろん、PCの全体的な動作に影響するので、慎重に選ぶ必要があります。

インテルの「Core iシリーズ」やAMDの「Ryzenシリーズ」が有名で、Core i 3~Core i 9ように、後の数字が大きくなるほど高性能。

ただし、上位グレードになるほど価格が大きく上昇する場合もあるので、予算を考えながら決めましょう。

現状では、スペックを重視するなら「Core i 7かRyzen 7」以上、コスパ重視なら「Core i 5かRyzen 5」がおすすめです。

GPU(グラフィックボード)をチェック

GPU(Graphics Processing Unit)は、PCの映像を画面に表示するパーツで、ゲームの画質や快適性に大きく影響します。

ゲーム用では、「NVIDIA GeForce」や「AMD Radeon」シリーズが人気。「レイトレーシング」対応モデルなら、よりリアルな映像表現が可能です。

GPUの性能が足りないと、画面がチラついたり動きが不安定になったりするので、解像度やリフレッシュレートを上げるほどより高性能なGPUが必要。

フルHDゲームを高画質で楽しみたいなら「GeForce RTX 3060」、リフレッシュレートを高速にしたいなら「GeForce RTX 3060 Ti」以上をおすすめします。

メモリをチェック

メモリは、PCが処理を行う作業スペースのような役割で、最近のゲーミングPCでは16GBが主流。

メモリ容量が多いほど処理能力が向上するので、ゲームをサクサク動かしたいなら、大容量メモリを搭載したモデルを選びたいところ。

とはいえ、メモリは交換や増設をしやすいパーツでもあるので、物足りなさを感じたときに後からメモリ容量を増やしてもOKです。

ゲーミングPCのおすすめメーカー

パソコン工房

パソコン工房は、大阪に本社をもつパソコンショップ。充実したスペックと、幅広い価格の豊富なラインナップが特長で、長野県で生産を行っています。

売れ筋は「∞(インフィニティ)シリーズ」。PCゲーム入門モデルから、プロゲーミングチームとコラボしたeスポーツ向けモデルまで取り扱っています。

マウスコンピューター

マウスコンピューターは、東京に本社を置くメーカーで、国内生産と自由なカスタマイズで理想のゲーミングPCを実現することが可能。

「G-Tune」シリーズは、多くの大会やゲーム実況配信で利用される人気のPCブランドで、トップeスポーツチームおすすめのモデルも用意されています。

スペック重視|おすすめゲーミングPCランキング

第1位 mouse(マウスコンピューター) G-Tune PP-ZJ

Core i7 12700K/GeForce RTX 3070 Ti/32GB/1TB SSD

JeSU(日本eスポーツ連合)公認のPCで、32GBの大容量メモリと、ハイエンドクラスのGPU「GeForce RTX 3070 Ti」を搭載します。

フォートナイトやApex Legendsなど、人気7ゲームタイトルのFPS値と検証時の設定を公開しているので、期待できる性能が非常にわかりやすいです。

JeSU公認PCでは、最大で5年間の延長保証も選択可能。勝敗にこだわりたい本気ゲーマーから大会運営者まで、スペック重視なら当サイト1番のおすすめ。

公式サイトで見る

第2位 パソコン工房 LEVEL-R769-LC127K-VBX

Core i7 12700K/GeForce RTX 3080/16GB/1TB SSD

icon icon

第12世代CPU「Core i7-12700K」を搭載したゲーミングPCで、第11世代「Core i7-11700K」に比べると、コア数が50%アップしたパワフルな性能を実現。

GPUにはハイエンド上位の「GeForce RTX 3080」を採用、4Kゲームやレイトレーシング向けの、高いグラフィックス性能を備えることが特長です。

標準構成でも、CPUクーラーには水冷タイプを装備。ゲーム中の高負荷で高温になるCPUに対しても、安定して高い冷却性能を実現しています。

公式サイトで見る

第3位 TSUKUMO(ツクモ) G-GEAR neo GX7J-D213/ZB

Core i7 12700KF/GeForce RTX3080/32GB/1TB SSD

ツクモのゲーミングPC「G-GEAR(ジーギア)」フラグシップモデルで、GPUには、10GBのGDDR6Xメモリを備える「GeForce RTX 3080」を搭載します。

CPUは12コア20スレッドで動作する「Core i7-12700KF」で、32GBの大容量メモリによって、さまざまなゲームタイトルで優れたパフォーマンスを実現。

SSD容量が1TBとたっぷり保存できるので、たくさんのゲームタイトルをプレイしたい人や、大サイズのファイルを扱う動画編集にもおすすめです。

公式サイトで見る

コスパ重視|おすすめゲーミングPCランキング

第1位 パソコン工房 LEVEL-M066-124-RBX

Core i5 12400/GeForce RTX 3060/16GB/500GB

icon icon

ミドルレンジ向けの第12世代インテル Coreプロセッサー「Core i5-12400」を搭載したゲーミングPCで、現在価格が10万円台というコスパモデル。

GPUは、性能と価格で優れたコスパを実現する「GeForce RTX 3060」で、12GBのグラフィックスメモリを搭載。

フルHD解像度なら高画質設定も視野に入る性能なので、これからPCゲームを始める人や、コスト重視で選びたい人におすすめです。

公式サイトで見る

第2位 TSUKUMO(ツクモ) G-GEAR GA5A-D221/B

Ryzen5 5600/GeForce RTX 3060/16GB/1TB SSD

6コア12スレッドCPUの「Ryzen5 5600」を搭載したライトゲーマー向けモデルで、16GBのメインメモリを備えます。

GPUはミドルレンジの「GeForce RTX 3060」で、レイトレーシングにも対応していますし、コストパフォーマンスの高さが特長。

ストレージが1TB SSDなので複数のゲームを保存することが可能、価格を抑えたい人や、フルHDゲーム向けのスペックとなっています。

公式サイトで見る

第3位 パソコン工房 LEVEL-M066-127-RBX

Core i7 12700/GeForce RTX 3060/16GB/500GB

icon icon

12コア20スレッドCPU「Core i7-12700」と、ミドルクラスGPU「GeForce RTX 3060」との組み合わせながら、値下げにより現在20万円を切るコスパが魅力。

コンパクトなミニタワーを採用した「LEVEL∞ Mシリーズ」で、電源ボタンやUSB端子が側面に配置され、全体的にすっきりとしたデザインになっています。

OSは、新しいWindows 11 Homeがインストール済み。幅広いゲームタイトルをプレイしたい人や、より高画質なフルHDゲームを楽しみたい人におすすめ。

公式サイトで見る

ノート型|おすすめゲーミングPCランキング

第1位 mouse(マウスコンピューター) G-Tune E5-165J

Core i7 11800H/GeForce RTX 3060 Laptop GPU/32GB/1TB SSD

JeSU(日本eスポーツ連合)公認PCのノートタイプで、持ち運びしやすい15.6型液晶パネルを採用、32GBの大容量メモリを備えています。

有名ゲームタイトルの高画質設定でも平均FPSが60以上で、数値や検証時の設定が公開されているので、動作の目安を判断するのに便利。

映像出力には、HDMIとThunderbolt 4があり、最大3画面の出力に対応。外部モニターを利用することで、4K映像を大画面で楽しむことも可能です。

公式サイトで見る

第2位 パソコン工房 LEVEL-15FR170-i7-TASX

Core i7 11800H/GeForce RTX 3070 8GB/16GB/500GB

icon icon

144Hzリフレッシュレート対応の15.6型フルHD液晶で、家や屋外のさまざまな場所でも、ヌルヌル動くゲームをプレイできるゲーミングノート。

メモリは16GBで、CPUは8コア16スレッドの「Core i7-11800H」、GPUは「GeForce RTX 3070 8GB GDDR6」を搭載。

リフレッシュレートが高いほど、速いゲームでは優位に立てることから、オンライン対戦などで勝つことを重視したいゲーマーにおすすめ。

公式サイトで見る

第3位 mouse(マウスコンピューター) G-Tune P5-WA

Core i5 11400H/GeForce GTX 1650/16GB/512GB

ライトゲーマー向けの15.6型ゲーミングノートPCで、現在価格は10万円台半ばですし、軽めのゲームを手軽に楽しみたい人にピッタリ。

16GBのメモリと「Core i5-11400Hプロセッサー」を搭載、Wi-Fi 6やBluetooth 5モジュールを内蔵するので、無線接続にも対応しています。

リチウムポリマーバッテリーの採用で、軽量薄型デザインを実現。バッテリー駆動時間も最大6.5時間なので、外出先にも持ち運びしやすいことが特長です。

公式サイトで見る

ゲーム推奨モデル|おすすめゲーミングPC

プレイしたいゲームタイトルが決まっているのであれば、各ショップのゲーム推奨PCを参考にするのもおすすめ。

メーカー発表の推奨スペックを満たすモデルや、動作確認を行っているモデルなので、初心者でも安心して選べるのが魅力です。

気になる方は下記の記事をどうぞ。

■「ELDEN RING」推奨ゲーミングPC

【厳選】ELDEN RING推奨スペックのおすすめゲーミングPC

続きを見る

■「ファイナルファンタジー14」推奨ゲーミングPC

【FF14推奨スペック】ゲーミングPCおすすめ紹介【今すぐプレイ】

続きを見る

■「モンハンライズ」推奨ゲーミングPC

【モンハンライズ】推奨スペックのゲーミングPCおすすめモデル紹介

続きを見る

■「PSO2 NGS」推奨ゲーミングPC

PSO2 NGS推奨スペックおすすめPC【ベンチマークスコアあり】

続きを見る

■「バイオハザードヴィレッジ」推奨ゲーミングPC

【厳選】バイオハザードヴィレッジ【推奨スペックPC】おすすめ紹介

続きを見る

■「LOST ARK」推奨ゲーミングPC

【LOST ARK】推奨スペックPCおすすめ紹介【ノート型あり】

続きを見る

■「ELYON」推奨ゲーミングPC

【ELYON】必要PCスペック&推奨ゲーミングPCおすすめ紹介

続きを見る

まとめ

ゲーミングPC選びは、特にCPU・GPU・メモリ容量の選択が重要。とはいえ、高性能パーツばかり選んでいると、価格が一気に上がることもあるので注意しましょう。

メモリやSSDのように、交換や増設がしやすいパーツは、動作の不満を感じた時に後から強化するのもアリ。

用途や予算は人によってさまざまなので、ぜひこの記事を参考にして、自分に合ったゲーミングPCを見つけていただけたらと思います!

関連記事
水冷CPUクーラーの【メリット・デメリット】おすすめ水冷PCもご紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴25年以上。PC、ゲーム、ブログを愛しています。 ゲームは主に格ゲー、MMOをプレイ。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームで勝つためのゲーミングデバイス情報やPC生活に役立つ情報を発信しています。

-PC・周辺機器, ゲーミングPC
-,