ゲーミングデバイス ゲーミングヘッドセット

【EPOS】おすすめゲーミングヘッドセット10選|2023年最新

2022年11月29日

「EPOS(イーポス)のおすすめゲーミングヘッドセットを知りたい。」

このような悩みに答えます。

この記事でわかること

  • EPOSゲーミングヘッドセットの選び方
  • EPOSゲーミングヘッドセットのおすすめ10選

ゲーミングヘッドセットを探していると、EPOSの製品が候補に挙がることもあるでしょう。

ですが、たくさんの種類があってどれを選べばいいのかわからない、という人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、EPOS製のおすすめゲーミングヘッドセットをご紹介。選び方のポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

EPOSとは?ゼンハイザーとの違い

EPOSは、ドイツの人気音響機器メーカー「ゼンハイザー」から登場したゲーミングブランドです。

映画制作や音楽業界など、プロに向けた製品を数多く手掛けるゼンハイザーの技術を注ぎ込み、高性能なモデルを豊富に取りそろえていることが特徴。

きめが細かく精度に優れたオーディオを実現することから、ゲームに勝負強さを求めている、ワンランク上のゲームを楽しみたい、そんなゲーマーにぴったりのメーカーと言えます。

EPOSゲーミングヘッドセットの選び方

接続方式(有線・無線)で選ぶ

まずは、有線接続と無線(ワイヤレス)接続に注目。各接続タイプの特徴は、以下になります。

■有線接続

有線は遅延が少なく、安定した接続が可能です。このため、FPSなど一瞬の判断が必要なゲームに対応できることが特徴。また、比較的安価で高機能な製品が多く、初心者におすすめです。

一方で、操作中にケーブルを引っかけて、プレイに影響が出てしまうことも。

最悪の場合、断線して使えなくなるので、ケーブルの長さがプレイ環境に適しているかを確認しておきましょう。

■無線(ワイヤレス)接続

無線接続は、ケーブルに縛られない、自由で快適な操作感が特徴。さらに最近では、技術の向上で無線でも高い安定性と低遅延を実現する製品があり、幅広い用途で選びやすくなりました。

デメリットは、有線に比べ高価な傾向にあるところ。また充電が必要で、接続する機器が、USBやBluetooth接続に対応していなければなりません。

とはいえ、有線&無線の両方で接続できる製品が増えてきているため、価格以外のデメリットはカバーすることが可能です。

接続方法で選ぶ

同じ有線・無線モデルでも、有線にはUSBや3.5mm接続、無線にはUSBドングルを使用した高速通信やBluetoothがあります。

有線の3.5mmは、手軽でさまざまな機器に対応できることが特徴。だたし、ヘッドセットの機能が制限される場合もあるので、購入前に必ず確認しておきましょう。

そしてBluetoothは、ドングルがなくても使えるところが便利。ですが遅延を感じやすいため、FPSのような速いゲームをプレイする場合は、ドングル使用の高速通信をおすすめします。

密閉型と開放型で選ぶ

EPOSでは、いくつかのモデルで、密閉型と開放型をそれぞれ販売しています。

密閉型は、その名のとおり密閉性が高く、周囲の音を遮断してゲームに集中できることがメリット。ただし、熱がこもりやすいので、人によっては快適性に劣ります。

一方、開放型は通気性に優れるため蒸れにくく、音が抜けることで自然なサウンドを楽しめます。ですが、密閉型より音漏れしやすいため、周囲の環境に注意しなければなりません。

EPOSゲーミングヘッドセットおすすめ10選

これまでの解説を踏まえて、EPOSのおすすめゲーミングヘッドセットを紹介します。

【有線】EPOS H6PRO 密閉型+GSX 300

ヘッドセットタイプ密閉型
接続方式3.5mm
重量322g

音漏れのない密閉型ヘッドセットで、ゲーム内の音を細かな部分までより正確に再現。また外部サウンドカードが付属し、独自の7.1サラウンドなど、高品質のオーディオ体験を楽しめます。

【有線】EPOS H3

ヘッドセットタイプ密閉型
接続方式3.5mm
重量270g

PC・PS4/5・Switch・Xboxのマルチプラットフォームに対応。エントリーモデルながら、EPOSのオーディオ技術で優れた没入感を実現し、さまざまな場面でオールラウンドに活用できます。

【有線】EPOS/SENNHEISER GSP 300

ヘッドセットタイプ密閉型
接続方式3.5mm
重量287g

6000円台から購入できる低価格モデルで、ゲーミングヘッドセット入門におすすめです。マイクは跳ね上げるだけでミュートが可能。イヤーカップにあるホイールで素早く音量調整できます。

【有線】EPOS/SENNHEISER GSP 601

ヘッドセットタイプ密閉型
接続方式3.5mm
重量395g

勝利を追求するゲーマー向けに開発され、ゲーム専用のハイエンドオーディオを備えます。ゲーム内の音をディテールまで伝えるため、瞬時の判断や反応が必要なシーンで特に役立ちます。

【有線】EPOS/SENNHEISER GSP 600

ヘッドセットタイプ密閉型
接続方式3.5mm
重量395g

独自のスピーカーシステムで、優れた音響性能を実現。臨場感が向上するだけでなく、銃撃の方向などをよりリアルに再現するため、FPSのような競技性の高いゲームを有利に展開できます。

【有線】H6PRO 開放型+GSX 300

ヘッドセットタイプ開放型
接続方式3.5mm
重量309g

H6PROにサウンドカードが付属するセットモデル。こちらは開放型なので、通気性や音の抜けを重視したい人におすすめです。またブームマイクは、不要な場面では取り外すことが可能です。

【ワイヤレス】EPOS H3PRO Hybrid

ヘッドセットタイプ密閉型
接続方式USBドングル、Bluetooth、3.5mm
重量308g

接続性抜群の高性能モデルで、USBドングル使用の低遅延ワイヤレス・Bluetooth・3.5mmの幅広い接続に対応します。さらにANC搭載で周囲のノイズを除去し、あらゆる環境で活躍します。

【ワイヤレス】EPOS H3 Hybrid

ヘッドセットタイプ密閉型
接続方式Bluetooth、3.5mm
重量298g

ゲーム向けの有線接続と、音楽鑑賞や普段使いに役立つBluetooth接続を備えます。ブームアームマイクは、便利な脱着式を採用。内臓マイクも搭載するため、外出先でも手軽に通話できます。

【ワイヤレス】EPOS/SENNHEISER GSP 670

ヘッドセットタイプ密閉型
接続方式USBドングル、Bluetooth
重量398g

Bluetoothでさまざまな機器に対応するほか、独自開発の低遅延ワイヤレスで、スピード重視のゲームも快適にプレイ可能。また7.1サラウンドサウンドにより、没入感あるゲームを楽しめます。

【ワイヤレス】EPOS GTW 270 Hybrid

ヘッドセットタイプ密閉型
接続方式USBドングル、Bluetooth
重量非公開

Switchに便利なUSB-Cドングルの高速通信で、有線のようなプレイを実現します。またUSB-C-USB-Aの変換ケーブルも付属。IPX5の防水性能があり、散歩など外出先でも手軽に使えます。

まとめ

EPOSのゲーミングヘッドセットは、これまでにゼンハイザーが培ってきたノウハウを生かし、高品質なオーディオを実現していることが特徴。

音質にこだわりたい人や、ライバルに差をつけたい本気ゲーマーにおすすめなので、興味のある方はぜひ一度チェックしてみてください。

関連記事
FPS向けおすすめゲーミングヘッドセット20選【2023年最新】

続きを見る

【Amazon】でお得に買い物をする方法!

チャージタイプのAmazonギフト券なら、5000円以上の現金チャージをするたびに最大2.5%のポイントが貯まるのでおすすめ!

支払いは、コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが可能。ポイント率は、チャージ金額や通常・プライム会員によって変わるので活用しよう!

1回のチャージ金額通常会員プライム会員
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

Amazonギフト券「チャージタイプ」を見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴25年以上。PC、ゲーム、ブログを愛しています。 ゲームは主に格ゲー、MMOをプレイ。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームで勝つためのゲーミングデバイス情報やPC生活に役立つ情報を発信しています。

-ゲーミングデバイス, ゲーミングヘッドセット
-,