当サイトには広告が含まれます PCモニター

「GW2480L」レビューまとめ|特徴&スペックを詳しく解説

「GW2480Lはどんなモニター・ディスプレイ?機能やスペックについて知りたい🤔

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • 「GW2480L」の特徴とスペック情報
  • 「GW2480L」の基本仕様まとめ

この記事では、BenQ(ベンキュー)製「GW2480L」の特徴や基本仕様をまとめています。

また、搭載する機能・技術の解説もしているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読めば、どんな製品かサクッと理解できます!

GW2480Lの特徴

created by Rinker
ベンキュージャパン

ポイント

  • 23.8インチのIPSパネル
  • 1920×1080解像度
  • 目に優しいアイケア技術

「GW2480L」は、23.8インチのアイケアディスプレイ。輝度自動調整機能やブルーライト軽減プラスを搭載しており、長時間でも快適な作業空間を実現します。

解像度はフルHDで、IPSパネルを採用し、色鮮やかな表示が可能です。また、どの角度から見ても正確な色を再現するため、さまざまなビジネスシーンに対応します。

現在価格は、Amazon.co.jpで1万9000円台。1Wの内蔵スピーカーを備え、必要十分な機能があるので、テレワーク用の手頃なモニターを探している人におすすめです。

GW2480Lの主なスペック

パネルサイズ23.8インチ
パネルタイプIPS
解像度1920×1080
リフレッシュレート最大60Hz
視野角178°/178°
輝度250cd/m2
コントラスト比1000:1
応答速度5ms
最大表示色1670万色
色域NTSC 72%
HDR-
スピーカー1W×2
サイズ420×540×175mm
重量3.45kg
接続HDMI、DP、VGA、Audio Line In
ヘッドフォンジャック
スタンド調整機能チルト
消費電力標準15W

主なパッケージ内容物

  • モニター本体
  • スタンド一式
  • 電源ケーブル
  • HDMIケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 保証書

GW2480Lの基本仕様

「GW2480L」の基本仕様をチェックしていきます。

デザイン

スタンド付きの場合、サイズは420×540×175mm、重量は4.23kg。

スタンド無しの場合、サイズは340×540×50mm、重量は3.45kg。

液晶部は、ウルトラスリムフレームで、スタイリッシュなデザインとなっています。

ディスプレイ

パネル

パネルの種類は、IPS(In Plane Switching)になります。

発色がよく、178°の広い視野角を持つので、苦手な用途がありません。

またノングレアで、光の反射や映り込みが少ないため、目に低刺激であることが特徴です。

サイズ・解像度

画面サイズは23.8インチ。

解像度は1920×1080で、定番のフルHDです。

一般的なオフィスで、よく使われるスペックなので、自宅でも違和感なく作業を行えるでしょう。

色域

色域はNTSC 72%で、最近の液晶モニターとしては標準的な性能です。

色の再現性はまずまずなので、幅広いジャンルに対応できます。

グラフや資料作成など、色を扱う作業もバリバリこなせます。

created by Rinker
ベンキュージャパン

機能&技術

ブライトネスインテリジェンス

ブライトネスインテリジェンス(B.I.)は、周囲の光量を検出して、輝度を自動調整する技術です。

これにより、昼夜問わず最適な明るさが維持できるので、目の疲れを抑えられます。

また、明るい画像も暗い画像も最適化されるので、より見やすく表示されます。

ブルーライト軽減プラス

ブルーライト軽減プラスは、映像の色味は限りなくそのままに、ブルーライトをカットします。

有害な光は除去したいけど、色のクオリティは維持したい人にぴったり。

ブルーライトを長く浴び続けると、睡眠リズムの乱れにつながることもあるので、長時間作業を行う場合はぜひ活用しましょう。

フリッカーフリー

フリッカーとは、液晶モニターで発生するチラつきのことです。

フリッカーは、肉眼ではほぼ確認できませんが、肩こりや頭痛の原因になるとも言われています。

フリッカーフリーモニターは、このチラつきを防止するので、疲れの軽減やパフォーマンス向上に役立ちます。

入出力端子

映像端子

映像端子は、HDMI・DisplayPort・VGAの3系統が用意されています。

VGAがあると、古いノートPCとも接続可能なので、会社の貸出用PCにも対応しやすいです。

ただし、各端子は1ポートずつなので、HDMI機器を複数使う人は物足りなさを感じるかもしれません。

オーディオ端子

オーディオ出力には、ヘッドフォンジャックを装備。

内蔵スピーカーだけでなく、外部スピーカーやヘッドホンからも、音声を再生可能です。

また、オーディオ入力もあるので、VGA接続で音を出したいときは利用しましょう。

スタンド機能

スタンド機能は、上下角度を-5°~20°に動かせるチルトのみ。

高さ変更や回転は不可なので、自分に合った位置に固定するには、少し工夫が必要です。

とはいえ、VESAマウント対応なので、モニターアームの取り付けは可能。

モニターアームを装着すれば、自由自在な位置調整を行えます。

価格

現在価格は、1万9800円。

Amazon.co.jpのほか、各オンラインショップで販売されています。

まとめ

「GW2480L」は、23.8インチ×フルHDの定番スペックで、初心者から上級者まで使いやすいことが特徴です。

IPSパネルのため、苦手なジャンルがなく、さまざまなデスクワークに対応可能。

また2万円切りの価格ながら、アイケア技術など必要十分な機能を備えるため、手頃なビジネス用モニターを求める人はぜひ一度チェックしてみてください。

created by Rinker
ベンキュージャパン
関連記事
【安い】PCモニターおすすめ10選!選び方も解説【2024年版】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴30年。PC・ゲーム・ブログを愛しています。 70000PV達成、Twitterフォロワー数1万人。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームや仕事で極上の環境を手にしたい人に向けて、ゲーミングデバイスやPCに関する情報を発信しています。

-PCモニター
-