当サイトには広告が含まれます PCモニター

「JN-V315UHDR-C65W」レビュー|特徴&スペック解説

「JN-V315UHDR-C65W はどんなモニター・ディスプレイ?機能やスペックについて知りたい。」

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • 「JN-V315UHDR-C65W」の特徴とスペック情報
  • 「JN-V315UHDR-C65W」の基本仕様まとめ

この記事では、JAPANNEXT(ジャパンネクスト)製「JN-V315UHDR-C65W」の特徴や基本仕様をまとめています。

また、搭載する機能・技術の解説もしているので、ぜひ参考にしてみてください。

JN-V315UHDR-C65Wの特徴

ポイント

  • 31.5インチのVA系パネル
  • 4K(3840×2160)解像度
  • 65W給電のUSB-Cを搭載

「JN-V315UHDR-C65W」は、31.5インチの4K液晶モニター。高精細な画像表示に加え、フルHDの4倍になる圧倒的な作業領域によって、幅広いデスクワークで抜群の生産性を実現します。

パネルにはVA方式を採用しており、178ºの広視野角でどこから見ても鮮やか。また、3500:1の高コントラストを誇るため、動画や映画では、メリハリある映像を楽しめることが特徴です。

映像入力は、HDMI・DP・USB-Cの3系統で、USB-Cは最大で65W給電に対応。さらに、USB機器を2台のPCで共有できるKVM機能があり、パフォーマンスの向上を目指す人におすすめです。

JN-V315UHDR-C65Wの主なスペック

パネルサイズ31.5インチ
パネルタイプVA系
解像度3840×2160
リフレッシュレート最大60Hz
視野角H:178º、V:178º
輝度350cd/m2
コントラスト比3500:1
応答速度5ms(OD)
最大表示色10.7億色
色域sRGB 98%
スピーカー2W×2
サイズ512×715×192mm
重量約5.1kg
接続HDMI、DP、USB-C
USB、イヤホン出力
スタンド調整機能チルト
消費電力通常33W以下

JN-V315UHDR-C65Wの基本仕様

Amazon商品リンク

「JN-V315UHDR-C65W」の基本仕様をチェックしていきます。

主なパッケージ内容物

内容物

  • モニター本体
  • スタンド一式
  • HDMIケーブル
  • Type-Cケーブル
  • USB A-Bケーブル
  • 電源ケーブル
  • 電源アダプター
  • マニュアル
  • 保証書
  • VESAネジ

デザイン

本体サイズは、スタンド付きで高512×幅715×奥行192mm、スタンドなしで高420×幅715×奥行41mm。

そして、スタンド幅は435mm、製品重量は約5.1Kgとなっています。

液晶部には、スタイリッシュなフレームレスデザインを採用。映像により集中することができ、マルチモニター環境では、画面と画面のつなぎ目が目立ちにくくなります。

ディスプレイ

サイズ・解像度

サイズは31.5インチで、解像度は3840×2160の4Kです。

広大な作業空間により、複数のウィンドウを並べて、効率よく作業することが可能。さらに、大画面で情報を大きく表示できるので、文字が小さくなるという4Kのデメリットも改善できます。

また、画像は非常に高精細で、細部まで鮮明に再現できることが特徴。特に4K対応の動画や映画では、臨場感あふれる映像を楽しめます。

パネル

パネルはVA系で、見る角度による色の変化が少ないため、サブモニターからマルチモニターまで用途を選びません。

コントラスト比も高く、引き締まった黒を表現できることから、特に夜や暗闇シーンの多い映画ではリアリティが高まります。

気になる点としては、表面処理が半光沢なところ。映り込みを抑えて鮮やかに表示できますが、非光沢に比べると映り込みが発生しやすいので、作業メインで使う人は注意しましょう。

色域

色域はsRGB 98%で、PCモニターとしては標準的な性能です。

正確な色を求められるクリエイティブ作業には適しませんが、一般的なオフィスワークには十分活用できます。

機能&技術

KVM機能

KVM機能を利用すれば、モニターに接続したUSBデバイスを2台のPCで共有することが可能。

これにより、1組のキーボード&マウスをノートPCとデスクトップPCで切替えて使えるので、テレワークに便利です。

マルチウィンドウ機能

2つの入力映像を左右同時に表示するPBP(ピクチャー・バイ・ピクチャー)、および一つの入力を子画面で表示するPIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)に対応。

複数の情報を一つの画面で素早く確認できるので、生産性の向上に繋がります。

フリッカーフリー&ブルーライト軽減

チラつきを抑えるフリッカーフリー&ブルーライト軽減機能を搭載します。

目にかかる負担を和らげるため、疲れ目対策に貢献。

長時間ワーク時の集中力をより高められるので、パフォーマンスの維持に役立ちます。

入出力端子

映像端子

映像入力は、HDMI・DisplayPort・USB-Cの3系統で、さまざまな接続方法に対応。

USB-Cは最大65Wの給電ができるため、ケーブル1本でノートPCの充電・映像&音声入力・データ転送が可能になり、デスク周りをスッキリと見せれます。

ただし、各端子は1ポートずつなので注意。このため、HDMI機器を複数利用する人は、やや物足りなさを感じるかもしれません。

オーディオ端子

サウンド面では、オーディオ出力を装備。

内蔵スピーカーのほか、モニターに接続した外部スピーカーやヘッドセットからも、音声を再生できます。

スタンド機能

スタンド調整機能は、上下角度を-5~+15°に動かせるチルトのみ。

高さを変えたり回転させたりはできないので、自分に合った位置に固定するには、少し工夫が必要になるでしょう。

とはいえ、100×100mmのVESAマウントがあるので、モニターアームを取り付ければ自由自在な調整を行えます。

価格

現在価格は、4万1000円前後。

Amazon.co.jpのほか、各オンラインショップにて販売中です。

まとめ

「JN-V315UHDR-C65W」は、4K解像度で高精細な映像を楽しめるだけでなく、フルHDに比べ圧倒的な作業パフォーマンスを実現することが特徴です。

また、31.5インチの大画面でより大きく情報を表示できるので、4Kは文字が小さくて読みにくいという人におすすめ。

USB-Cを利用しない場合はややコスパが落ちるものの、それでも約4万の価格は優秀なので、手頃な4Kモニターを探している方はぜひ一度チェックしてみてください。

関連記事
【安い】PCモニターおすすめ10選!選び方も解説【2024年版】

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミルミル

PCゲーマー歴30年。PC・ゲーム・ブログを愛しています。 70000PV達成、Twitterフォロワー数1万人。 当ブログ「ゲームPCライフ」では、ゲームや仕事で極上の環境を手にしたい人に向けて、ゲーミングデバイスやPCに関する情報を発信しています。

-PCモニター
-